娘に会いたいという気持ちから開発が始まった「リアルライフ3Dホログラム技術」

写真拡大

離れた場所にいる人物を3Dで映し出し、リアルタイムでコミュニケーションすることのできる「ホロポーテーション」をマイクロソフトが開発。R2-D2のホログラムよりも、一歩先を行く技術だ。

マイクロソフトの開発者たちが、「スター・ウォーズ」シリーズに登場するR2-D2の素晴らしい仕掛けをいま、この世界で実現させた。「ホロポーテーション」と呼ばれるその技術は、離れた相手とのコミュニケーションのあり方を永久に変えてしまうかもしれない。

「娘に会いたいという気持ちから開発が始まった「リアルライフ3Dホログラム技術」」の写真・リンク付きの記事はこちら

きっかけはホームシックだったと、プロジェクトリーダーのシャーロム・イザディは語る。イザディのチームは、3Dセンサー技術や機械学習などの次世代コンピューターを主に扱い、英国ケンブリッジを拠点とする。だが2年半の間、彼らは米国ワシントン州レドモンドを本拠とする「HoloLens」チームに組み込まれて働いていたのだ。

ひとりの父親でもあるイザディは(上記の動画には彼の娘が登場する)、次のプロジェクトを考えることになったとき、その期間に私生活と仕事に最も影響したものに目を向けた。コミュニケーションだ。

関連記事新生マイクロソフトが手がける「Project HoloLens」

ホロポーテーションでは、その名が意味するように、人物のホログラムをライヴでほかの空間に映し出し、その人が本当にそこにいるかのようにリアルタイムでやりとりすることができる。つまり、ホログラムとして記録されたメッセージを再生するだけのスター・ウォーズの装置に比べれば、一歩先を行っている。

ホロポーテーションを使うためにはまず、3D撮影する高性能カメラを撮影場所の周辺に、戦略的に設置することが求められる。それぞれのカメラは、大幅に強化された「Kinect」だと考えていい。

「Kinectは人間の骨格を追跡するように設計されています」とイザディは言う。「あらゆる特徴を再構築するため、人間の体の細部を高い精度でとらえなければいけません。それには、3Dセンサーを徹底的に見直さなければいけませんでした」

こうしたカメラでありとあらゆる視座を押さえたら、特別なソフトウェアでそれらの映像を縫い合わせ、ひとつの完全な3Dモデルにする。イザディによると、この処理はいまだ開発を続けている部分で、データのフレームが多いほど3Dモデルの質が上がるという。

こうして集まったデータによる驚くほど生き生きとしたホログラムは、HoloLensのような受信システムがあれば世界中のどこにでも転送することができる(HoloLensに限らず、一般的なVR/ARヘッドセットでも受信はできる)。

「この処理すべてを、できるだけ速く行いたいと考えています。すべてのカメラからのデータをおおむね同時に処理し、一時的なモデルをつくり、そのうえでデータをストリーミングするのです」とイザディは語る。彼のチームはその計算をするために、かなりの数のGPUを組み合わせて使っている。

「われわれの目標は、このシステムを、現在のホームシアター製品のように簡単に使えるようにすることです」とイザディは言う。しかしその前に、ホロポーテーションは会議などの場面でも使えるかもしれない。このテクノロジーは高額とはいえ、実際に国際会議を行うよりは安いからだ。