ナチスに略奪されたモディリアニの絵画を押収 パナマ文書で所有者を特定

ざっくり言うと

  • スイスは11日、ナチスに略奪されたモディリアニの絵画を押収したと発表した
  • 「パナマ文書」により、所有者が特定されたことがきっかけになったという
  • 「つえを突いて座る男」という1918年の作品で、27億円の価値があるとされる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング