男性が結婚したい女性はどっち? 「好みじゃないけど貯蓄アリ」VS「貯蓄ナシでも見た目が好み」

写真拡大

「人は見た目が9割」なんて言われています。特に女性は、本人の意思にかかわらず、見た目で判断されてしまう場面も多いですよね。とはいえ話が「結婚」となれば、「見た目がよければすべてOK」というわけにはいかないはずです。内面や経済性だって大切だと思うのですが……ぶっちゃけ男性の本音はどうなのでしょうか。男性のセキララな本音を探るため、こんな質問をぶつけてみました。

Q.「貯蓄があるけど、見た目がタイプじゃない女性」と「貯蓄はないけど、見た目がタイプの女性」。どちらかといえば、どちらの女性と結婚したいですか?

「貯蓄があるけど、見た目がタイプじゃない女性」……35.0%
「貯蓄はないけど、見た目がタイプの女性」……65.0%

いざ結婚!となっても、やはり男性は女性の「見た目」にこだわる人が多いよう。気になる理由についても、それぞれ語っていただきました。

<「貯蓄があるけど、見た目がタイプじゃない女性」を選ぶ男性の意見>

■内面重視

・「堅実そうな生き方をしてそうだから」(36歳/情報・IT/技術職)

・「前者。計画的に行動できる」(29歳/電機/技術職)

貯蓄がきちんとできているのは、若い時期からコツコツとがんばってきた証拠。そんな内面を評価する男性が多いようです。結婚後の家計をお任せしても、安心できることでしょう。

■安定

・「結婚するならお金のことは大事」(29歳/マスコミ・広告/営業職)

・「結婚を意識しているので、今選ぶなら、将来安心で、生活力がある人がいいから」(33歳/学校・教育関連/専門職)

「恋愛」ではなく「結婚」だからこそ、夫婦2人の経済的基盤を重視する意見もありました。今や、共働きも当たり前の時代です! 女性の経済力だって、当然魅力のひとつですよね。

では次に、多数派男性たちの意見をチェックしてみましょう。

<「貯蓄はないけど、見た目がタイプの女性」を選ぶ男性の意見>

■見た目=最重要項目

・「貯蓄は今後蓄えられるけど、見た目はいつまでたってもタイプじゃないままなので」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「見た目がタイプじゃなければ、会うたび苦痛になるから」(38歳/その他/技術職)

・「見た目がタイプの女性のほうが、価値観が合いそうで末永く付き合えそうな感じがするので。貯蓄は、自分ができるだけ補いたいと感じます」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

とにかく見た目が大事!という男性意見が目立ちました。とはいえ、みんながみんな「絶世の美女」である必要はないはずです。要は「自分にとって好感が持てる外見であること」が重要なのでしょうね。

■貯蓄はこれから

・「貯蓄は今後作っていけばいいので」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「貯蓄は工夫でなんとでもなる」(25歳/情報・IT/技術職)

「お金」は確かに大切なもの。しかし、これから2人でがんばって貯めても、決して手遅れではありませんよね。一緒にがんばることで、より一層連帯感も増すのかも……?

■こんな意見も

・「貯蓄をして我慢している女性であれば、何かの際に一気に使いそうで怖い」(34歳/マスコミ・広告/技術職)

・「浪費家でなければ構わない」(31歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

見た目重視の男性の中でも、こんな意見もありました。たとえ見た目が好みでも、浪費家女性はNG! 貯蓄はほどほどでも、要はバランスが重要なのでしょうね。

■まとめ

女性はやっぱり「見た目」が大事!? 「貯蓄」よりも「見た目」を重視する男性が多いことがわかりました。大切なのは、「人に好感を持たれる外見」をキープすること。将来を考えると貯蓄することも大事ですがファッションやメイク、持ち物にも気を配ることも心掛けたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年2月にWebアンケート。有効回答数104件(22歳〜39歳の働く男性)