この人しかいない!と男性に結婚を意識させるコツ5つ(Photo by Kzenon)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】男性と付き合っていると、自然に結婚をしたいと思うようになります。しかし、男性は一定の年齢になったからと言って結婚したいとは限りません。そこで今回は男性を結婚に意識させるコツをご紹介します。

【さらに記事を読む】寝てる間に恋が成就するおやすみLINE5選

♥男性のまわりの環境を理解する


まずは、その男性の周りの環境をそれとなく観察してみましょう。

たとえば職場や周りの友人があまり結婚していない場合、付き合っても結婚に意識が行かない場合になります。

そのような人に直球で結婚したいという思いをぶつけても逆効果になりかねませんのでしっかりと観察します。

♥一緒に居て心地いい関係になる


結婚に意識を向かわせるためには、あまりにもお金を使わせたり非日常のデートばかり体験していると、実際の生活に落とし込むことはできません。

小さなころの話を聞いたり、相手を理解して聞き上手になることで相手に居心地の良さを感じさせることが必要です。

♥記念日を過剰に要求しない


記念日のサプライズなどを過剰に要求したり、付き合って三か月記念日などと関係のない記念日を設定し続けると、非日常に慣れてしまい疲れてしまいます。

ですので、相手と結婚したいと思ったら記念日の過剰な要求は避け、できるだけ日常に近づけるようにしましょう。

♥相手の家族は仲良くする


結婚にあまり前向きでない男の人でも、結婚を決意するのは家族の後押しがあるからです。ですので、相手の家族とはなるべく仲良くするようにします。

でしゃばりすぎずにしっかりと話を聞いて目を見てしっかりと笑顔で話すなどはもちろんですが、相手の両親に会う機会があればそれを尊重しましょう。

♥ダラダラとした同棲は避ける


ダラダラとした同棲をすることで長いこと同棲をして別れる人も数多くいます。結婚するというメリットを感じることができないからです。

そのため、同棲をするのでしたら、しっかりと双方の両親に挨拶をして期間を決めるなど、簡単には許さない態度が必要です。

いかがでしたか?

結婚については、わずらわしさや経済観念、そして束縛されるような懸念を感じるため踏み切れない男性が多くいます。

そのためには、日常が快適であることを相手に理解してもらうように徐々に仕向けていくことが大切です。日常の人と気を大切にすると成功につながります。(modelpress編集部)