11日、中国人による不動産の爆買いが注目を浴びるオーストラリアで、ある物件に購入希望者の熱い視線が向けられた。写真はシドニー。

写真拡大

2016年4月11日、オーストラリアメディアによると、中国人による不動産の爆買いが注目を浴びるオーストラリアで、ある物件に購入希望者の熱い視線が向けられたと話題になっている。中国日報網が伝えた。

中国人投資家らの人気を集めたのはシドニーのモスマンにある広さ90平方メートルの物件。中国人が好む数字の「8」が住所に5つも含まれることがその理由だ。「8」はその発音が「発財(金持ちになる)」の「発」と似ているため、中国では「縁起が良い数字」とされている。実際に物件を競り落としたのは英国人のカップルで、購入価格は88万豪ドル(約7190万円)だった。

オーストラリア外国投資審査委員会(FIRB)の統計によると、豪不動産業界にとって最大の海外顧客となっているのは中国で、15会計年度には243億豪ドル(約1兆9880億円)が投じられた。中国人を引き寄せるためにキッチンを中国式にしたり、数字上の工夫を凝らす業者もいるという。(翻訳・編集/野谷)