10日、女性は恋愛の中でなぜ男性よりも別れを決意することができるのか、アンケート調査でその一端が明らかになった。

写真拡大

2016年4月10日、独国際ラジオ放送ドイチェ・ヴェレ中国語サイトによると、女性は恋愛の中でなぜ男性よりも別れを決意することができるのか、アンケート調査でその一端が明らかになった。

独日刊紙ビルトによると、独ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「Parship」が「どちらから別れを切り出した?」というアンケートを行ったところ、相手への気持ちが冷めた時点で女性の方から別れを切り出していること分かった。自分から別れを切り出したことがあると回答した人の割合は、女性では85%に上ったが、男性では61%にとどまった。

男性よりも女性の方が決断できるという結果について専門家は、女性は問題解決を求める欲求が高いことや、男性よりもシングルであることに対して満足できる人の割合が高く、1人でいる生活への不安も少ないことなどが、統計から明らかになっていると指摘している。

なお、女性が別れを決意する主な理由として、「愛情を感じなくなった」(16%)、「浮気」(11%)、「共通の話題が減った」(11%)、「将来像の相違」(10%)、「外的要因」(9%)、「けんかが絶えない」(8%)の六つが多かった。(翻訳・編集/岡田)