先進7か国(G7)外相会合に出席するために広島市を訪れているケリー米国務長官は同日、平和記念公園を訪れ、衝撃を受けたと述べた。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。写真は広島の平和記念公園。

写真拡大

2016年4月11日、米紙ワシントン・ポストによると、先進7か国(G7)外相会合に出席するために広島市を訪れているケリー米国務長官は同日、平和記念公園を訪れ、衝撃を受けたと述べた。

ケリー国務長官は11日、各国外相とともに広島市の平和記念公園を訪れて献花した後、広島平和記念資料館の展示を約1時間かけて見学した。ケリー長官は、誰もが広島を訪れるべきだと語り、米国の大統領も訪問すべきだと述べた。来月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に合わせて、米ホワイトハウスはオバマ大統領の広島訪問を検討していることについて、ケリー長官はオバマ大統領が訪問するかどうかは分からないと述べた上で、「私がここで見たことを大統領に伝え、大統領も訪問すべきだといういうメッセージを確実に伝える」と語った。また、岸田文雄外相は、広島を訪れた各国の外相から「心を動かされた」、「強い衝撃を受けた」といった感想が多く述べられていたと語った。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「ケリー長官が反米的だとは思わないが、今回のことは間違っていると思う。トルーマン元大統領は正しいことを行ったんだ」

「トルーマン元大統領には選択肢がなかったんだ」

「米国人が死ぬか日本人が死ぬかのどちらかということだったんだ。選択は簡単だ」

「ケリー氏と米国はどうなっているんだ?第二次世界大戦について謝罪するのか?米国は今ではそんなに弱いのか?」

「イスラエル政府がホロコーストの切り札を使うように、日本政府は広島と長崎の切り札を使っている」

「原爆によって戦争が終わった。日本は頑なで邪悪だったから、私たちは必要なことをしたんだ」

「ケリーさん、まるで米国が日本に対して間違ったことをして、何の罪もない日本が第二次世界大戦で攻撃されたと言っているようだね。日本の安倍首相と天皇に、米国が何故、2発の原爆を日本に投下したかを尋ねるべきだ。日本人は肝心なこの質問と答えを忘れてしまっているに違いない!」

「日本への原爆投下は全く必要なかった。戦争は終わりに近づいていたのに、私たちは罪のない市民の命を奪ってしまった」

「ケリー氏が広島を訪問したことで、犠牲者に対する十分な敬意を払ったことが示された。オバマ大統領が広島を訪問すれば、彼が演説でどのような言葉を使ったとしても世界に対して謝罪したとみなされると思う」

「ケリー氏は日本で、(フィリピンの)『バターン死の行進』の犠牲者の記念公園を訪問したのか?ああ、そうだね、日本にはその記念公園はないんだったね」

「(日本に対する)謝罪は必要ないし適切ではない。日本軍は真珠湾を攻撃したんだ。日本軍は数々の残虐な戦争犯罪を行った。原爆によって日本を降伏させることができたんだ」

「私は日本が好きだ。第二次世界大戦後に、日本は民主主義のモデル国家になった。私たちが北朝鮮に核爆弾を落とせば、日本と同じ結果が起こるかもしれない」(翻訳・編集/蘆田)