運動するならアミノ酸を摂らなきゃ、がよくわかるインフォグラフィック

写真拡大

冬場になまってしまった体をリフレッシュすべく、ヨガにサイクリングにランニングにボルダリングと、休日にいろいろなことに挑戦する予定を立てている方も多いはず。
運動するときに欠かせないのが、水分補給とたんぱく質(アミノ酸)補給と言われますが、「そもそもアミノ酸ってなんで摂った方がいいんだっけ?」という疑問の答えがわかりやすくまとまっていたのが、アミノバイタル(R)公式サイトのインフォグラフィック動画です。

ざっくりまとめると、

1.激しい運動をすると、エネルギーが体内に貯蔵されている糖質と脂質だけでは補いきれない。
2.筋肉などのたんぱく質から分解されたアミノ酸が、エネルギー源として使われ消費される。
3.からだの修復のために、良質なたんぱく質やアミノ酸を補給する必要がある。

ということでした。
さらに、アミノ酸の中には、体内で合成できない必須アミノ酸(トリプトファン、リシン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、ヒスチジン)もあるので、食品やサプリメントなどで積極的に補給することが必要なんですね。そうだった!とあらためて納得したところで、アミノ酸を上手に摂りながら楽しくからだを動かしたいと思います。[アミノバイタル(R)]
image via shutterstock
(マイロハス編集部)