写真提供:マイナビニュース

写真拡大

千葉県浦安市の東京ディズニーシーで11日、開園15周年を祝うアニバーサリーイベント「東京ディズニーシー15周年"ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ"」(4月15日〜2017年3月17日)のプレスプレビューが行われ、エンターテインメントプログラムやデコレーションなどがお披露目された。

世界のディズニーテーマパークで唯一、"海"をテーマとして2001年9月4日に誕生した東京ディズニーシー。4月15日から2017年3月17日まで337日間にわたって開催される「東京ディズニーシー15周年"ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ"」では、思い描いた未来へ向かうワクワクする気持ち"Wish(願い)"をテーマに、さまざまなプログラムを展開する。

メディテレーニアンハーバーでは、"Wish"の象徴となる色鮮やかな"ウィッシュ・クリスタル"を身につけた新コスチュームのディズニーの仲間たちが、ゲストと共に15周年の新たな冒険の旅立ちを祝う新ショー「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」を公演。ミニーは"愛"を意味する赤、ドナルドの"友情"の青、グーフィーは"元気と健康"の緑のクリスタルを身につけ、それぞれの願いを歌やダンスで表現する。

また、ブロードウェイ・ミュージックシアターで公演中の「ビッグバンドビート」が、2006年7月の公演開始以来初めてリニューアル。グーフィーがバンドのマスターとして初登場したほか、輝き放つ新コスチュームを着たミッキーとミニーがリズミカルなダンスを披露するシーンも加わり、最後のカーテンコールの音楽が15周年期間限定で15周年のテーマソングをジャズアレンジした楽曲に変わった。

アメリカンウォーターフロント内では、新グリーティングプログラム「"ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ"グリーティングドライブ」を公演。15周年のスペシャルコスチュームを着たミッキーたちが、15周年の装飾が施されたビッグシティ・ヴィークルに乗ってゲストにあいさつする。

夜のハーバーショー「ファンタズミック!」も、15周年ならではの楽しみができるように。旅をナビゲートするコンパスをイメージしたスペシャルグッズ"クリスタルコンパス"が、ショーの演出に連動して光り輝く。プレスプレビューでは強風のため途中で中止となったが、連動する様子が見られた。夜には、15周年のテーマソングに合わせて花火が打ち上がる「スカイハイ・ウィッシュ」も実施する。

エンターテインメントのほか、15周年記念のデコレーションが登場。エントランスに、"ウィッシュ・クリスタル"を原動力とする船「ウィッシング・オブ・ウィッシュ号」に乗ってディズニーの仲間たちが旅に出るフォトロケーションが出現し、パーク内7カ所に、"クリスタルコンパス"をかざすと音と光で反応する「クリスタルポイント」が設置された。さらに、イベント開幕に先駆け、15周年特別グッズやメニューも11日に発売開始となった。

なお、7月9日には、ロストリバーデルタのハンガーステージにて、ミュージカルショー「アウト・オブ・シャドウランド」もスタートする。

撮影:蔦野裕