その頭痛、「ただの頭痛」ではないことも

写真拡大

執筆者:井上 愛子(看護師)


「頭痛もち」と言われる、慢性的な頭痛患者は、全国におよそ3,000万人もいると言われています。

風邪や寝不足など、一時的に発症する頭痛も加えると、経験したことがないという人は少ないでしょう。頭痛は鎮痛剤を飲んだり、少し休んだりすると治まる場合が多いため、頭痛もちの人は「またいつもの頭痛か」と、痛みを我慢してやり過ごしがちです。
しかし、頭痛の原因にはいくつか種類があり、適切な対処法をとらないと、悪化したり命に関わる危険が隠れていることもあります。

一次性頭痛と二次性頭痛


脳や身体にこれといった病気がないにも関わらず、繰り返し起こる頭痛を一時性頭痛(慢性頭痛)と言います。「頭痛もち」と言われる人はほとんどが一時性頭痛で、その中でも一番多いのは、長時間同じ姿勢をとったり、ストレスなどが原因となるもので、血行が悪くなり、首や頭の筋肉が緊張してしまうことで起こる「緊張性頭痛」です。

次に多いと言われるのが、何らかの原因で脳の血管が急激に拡張し、炎症を起こすことが原因とみられている「偏頭痛」です。特に20〜40代の女性に多くみられています。その他、まれなタイプで男性に多い群発頭痛や、緊張型頭痛と偏頭痛の混合タイプもあります。

一方で二次性頭痛(症候性頭痛)とは、くも膜下出血や脳梗塞、脳腫瘍など、脳の病気が原因となって起こる頭痛です。元になっている病気を治療しなければ、死に至る危険を伴います。突然激しい頭痛があったり、普段と様子が違う時は、なるべく早く病院を受診する必要があります。

また、蓄膿症や虫歯、花粉症など、脳以外に原因があって頭痛が起こっている場合もあります。自分では判断がしにくいですが、脳神経科、頭痛専門の頭痛外来などを受診した際の問診で、必要な科の診察を受けるように勧められることもあります。

「緊張型頭痛」には、緊張を和らげる対策を


血行が悪くなり、首や頭の筋肉が緊張して起こる「緊張型頭痛」は、仕事や家事による肉体的な負担に加えて、パソコンやスマートフォンの普及で、長時間同じ姿勢を取り、目を酷使する状況が増えていることも大きな誘因になっています。

対策としては、まず、環境を整えることが大切。デスクワークの時は机と椅子の高さを調整し、首が前に出るような姿勢にならないように心がけましょう。同じ姿勢で作業を続けるときは、1〜2時間したら席を立ち、適度に休憩やストレッチを取り入れて、首や肩の凝りをほぐすことも効果があります。

夜の入浴は、シャワーで済ませるよりも湯船に浸かり、首や肩を温める方が筋肉の緊張がほぐれます。マッサージ、ツボ押し、ホットタオルなども有効ですね。そのような対策をとっても頭痛が改善しないときは、病院で医師に相談しましょう。

「偏頭痛」は特別な対処を


偏頭痛の原因は、ストレス、食事、睡眠、騒音や光の刺激、女性ホルモンの変動など、なんらかの誘発因子が関わって、痛みが生じていると言われていますが、すべて解明されたわけではありません。

市販薬で偏頭痛に適応するものはありませんので、頻発する場合には、脳神経科や頭痛外来などを受診して適切な治療を受けましょう。

その際、頭痛が起きたときの状況を記録し、自分なりの誘因を見つけておくことも有効です。たとえば「忙しい日々が続いて疲れが溜まっていた」「長期の休みに睡眠をたくさんとった」「人混みのなかへ出かけた」といったその日に感じたことや体の調子、また食事内容なども書いておくといいでしょう。また、「目の奥がかすむ」「歯が痛む」「肩がだるい」など、具体的に体の変化があれば克明に記録します。

偏頭痛は、脈打つような頭痛発作に加えて、吐き気やめまいを併発することがあり、とても『今そのとき』に適切な医療機関を受診することは難しいものです。発作が起きたときには、血管の拡張を抑えるために、こめかみを冷やしたり、光を遮断した静かな部屋で横になることが最優先。症状が回復したら、発作が起きたとき、どこがどのように痛かったか、ほかに症状があればそちらも詳しく記録しておき、頭痛外来などを受診しましょう。

治ってしまうと、また次に頭痛発作が起きるまで放っておいてしまう人もいますが、頻繁に起こって日常生活に支障をきたす場合などは、予防治療が可能です。長年偏頭痛に煩わされている、1人で悩んでいる、ということ自体が頭痛の原因であるストレスとなりかねません。

原因に合った対処法の選択を!


ここまでお話したように、頭痛には、さまざまな種類があります。
自己流の対処で痛みをしのぎ続けるよりも、原因に合った治療を行い、頭痛が起きたときには、医師の指導による対処法を取り入れることが大切です。