スバルが世界一危険とも言える公道サーキットに挑戦します。

1

スバルとレーシングファクトリーでお馴染みのプロドライブが現行のWRX STIをベースに製作したタイムアタック専用車で、オートバイレースで名高い「マン島」を駆け抜ける非常にチャレンジングなものなのです。

(写真はwelt-atlas.deより)

マン島のコースはオートバイレース「マン島TT」使用される島の外周コース、1周60.7km、200を超えるカーブと海抜0mから396mという高低差が激しい「公道」です。
路面のコンディションも褒められたものではなく、ほんの僅かのミスが言葉通り「命取り」になってしまいます。

スバルは、そんな危険を承知の上で、英国ラリードライバー、マーク・ヒギンズの腕に全幅の信頼を置き、2011年と2014年にWRX STIの市販車にレース用安全装備を追加し、2回とも成功しています。

動画を見るにはこちら

動画を見るにはこちら

そして今年は、現行のWRX STIをベースにプロドライブ社がツーリングカー選手権クラスのモデファイを施した「マン島トライアル専用車」で2014年の記録19分26秒(平均速度187.3km/h)の更新だけではなく、同年のマン島TTでホンダCBR1000RRを駆るブルース・アンスティが記録したレコード17分6秒682を狙うぐらいの意気込みをこの純白のマシンから感じ取れます。

この「マン島スペシャルカー」は、エンジン、ミッションに関しては、市販車のものをそのまま使用していると思われます。

足回りはマン島専用のサスペンション、ダンパーが与えられ足元はレーシングスリックタイヤを履かせるあたり本気度が伝わります。ボディは、内装に関しては快適装備はすべて外され、サイドウィンドウも固定のアクリル製に交換されています。そしてレーシングカー同様にドライバーの保護と剛性アップの極太ロールゲージで強化されています。

エアロダイナミクスは、長時間のトライからくる熱対策の為と安定した高速走行を可能とするため開口部が拡大され、ボンネットにもダクトが追加されています。

リアは大きなリアウイングが目立ちます。瞬間的には270km/h近い速度が出るのでマシンを確実にマン島から離さないようにしなければならないのです。マシン下部もおそらく空力をかなり意識したカスタマイズが施されているはずです。

本番は、5月28日〜6月10日の間に開催される「マン島TTレース2016」の間です。一体どれだけのタイムが出るのか、その走る姿を想像しただけでゾクゾクしてしまいます。

(栗原 淳)

スバル、世界一スリリングなタイムアタックに3度目の挑戦を発表!【動画】(http://clicccar.com/2016/04/11/364733/)