AFCがアジア最終予選のポット分けを発表!! 抽選会は明日12日開催!!

写真拡大

▽アジアサッカー連盟(AFC)は11日、翌12日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)・アジア最終予選の組み合わせ抽選会に向けたポット分けを発表した。

▽今回のポット分けは、4月7日に発表された最新のFIFAランキングを元の振り分けられている。また、組み合わせ抽選は最終予選に進出した12チームを6つのポットに分けてドローを行い、2グループ6チームに振り分ける。

▽第1ポットには、FIFAランキングでアジア最高位のイランと2位のオーストラリアが振り分けられた。アジア4位の日本は同3位の韓国と共にポット2に入っている。今回発表されたポット分けは以下の通り。

◆アジア最終予選ポット分け

【ポット1】

イラン(42位)、オーストラリア(50位)

【ポット2】

韓国(56位)、日本(57位)

【ポット3】

サウジアラビア(60位)、ウズベキスタン(66位)

【ポット4】

UAE(68位)、中国(81位)

【ポット5】

カタール(83位)、イラク(105位)

【ポット6】

シリア(110位)、タイ(119位)