巨人と少女の冒険譚:スピルバーグの新作『The BFG』予告編公開

写真拡大

ロアルド・ダールの傑作児童小説『オ・ヤサシ巨人BFG』をスティーヴン・スピルバーグが映画化した『The BFG』の完全版予告編を紹介。優しい巨人BFGと孤児ソフィーの、友情と冒険の物語だ。

スティーヴン・スピルバーグ監督とディズニーは、ロアルド・ダールの傑作児童小説『The BFG』(邦訳は『オ・ヤサシ巨人BFG』<評論社刊>)を映画化している。

「巨人と少女の冒険譚:スピルバーグの新作『The BFG』予告編公開」の写真・リンク付きの記事はこちら

この作品の予告編第1弾は、大きな巨人が登場するだけのティザーだった。だが今回公開された完全版の予告編は、視覚効果を見せつけながら、物語の核となる「巨人と少女の関係」を掘り下げている。

タイトルにもなっている大きな優しい巨人(BFG)は、優れた聴力を備え、動作が素早く、子どもたちにいい夢をもたらす存在だ。演じるのは、映画『ブリッジ・オブ・スパイ』でアカデミー賞助演男優賞を獲得したマーク・ライランス。

新人子役俳優のルビー・バーンヒルが演じる孤児ソフィーを、BFGはこっそりと巨人の国に連れ去る。そこで2人は、危険な巨人から人間たちを守る冒険に乗り出すのだ。

この完全版予告編は基本的に、ストーリーのすべてをネタバレしすぎないよう、BFGとソフィーの友情にもっぱら焦点を当てている。そして終盤では、主人公たちの敵になる、BFGをのけ者扱いにする危険な巨人たちも登場。そう、BFGとソフィーは、ともに孤独をかかえる似た者同士なのだ。

49秒のシーンでは、モーションキャプチャーを用いて、巨人役のライランスが巧みな演技で大都市の暗がりに身を隠す。1分20秒のシーンでは、BFGがへんてこな野菜をぶった切っている。1分45秒のシーンでは、ソフィーが「夢の国」のようなところを駆け回る。1分52秒のシーンでは、BFGの顔が明らかに。2分14秒のシーンでは、BFGよりももっと大きくて意地の悪い巨人たちが登場している。