写真提供:マイナビニュース

写真拡大

本田技研工業(ホンダ)は11日、ロードスポーツモデル「CB」シリーズの各モデルに、日本の伝統"漆塗り"のイメージをカラーリングで表現した「Special Edition」をタイプ設定し、受注期間限定で4月18日に発売すると発表した。

今回、期間限定で発売する「Special Edition」は、漆塗り独特の漆黒をイメージした深みのある「グラファイトブラック」を基調とした発売期間限定のモデル。受注期間はいずれも4月11日から6月1日までとなっている。

400ccエンジンを搭載した定番ロードスポーツモデル「CB400 SUPER FOUR(ABS)」「CB400 SUPER BOL D'OR(ABS)」、1,300ccエンジンを搭載した大型ロードスポーツモデル「CB1300 SUPER FOUR E Package」「CB1300 SUPER BOL D'OR E Package」の「Special Edition」には、ブラックに映える朱色を表現した「キャンディーアルカディアンレッド」の専用ストライプを採用するなど、随所に特別感あふれるカラーリングが施されている。

大型ロードスポーツモデル「CB1100(ABS)」の「Special Edition」には、漆黒に映える"正絹"の白をイメージした「シャスタホワイト」の市松模様のストライプを燃料タンクとサイドカバーに採用。「CB1100 EX(ABS)」の「Special Edition」では、主体色に上質感のある金属調の「チタニウムブレードメタリック」を、燃料タンクに特別感を演出する「ダークネスブラックメタリック」の新ストライプを採用している。

価格は、「CB400 SUPER FOUR(ABS) Special Edition」が86万760円、「CB400 SUPER BOL D'OR(ABS) Special Edition」が95万7,960円、「CB1300 SUPER FOUR E Package Special Edition」が127万6,000円、「CB1300 SUPER BOL D'OR E Package Special Edition」が150万7,680円、「CB1100(ABS) Special Edition」が109万2,960円、「CB1100 EX(ABS) Special Edition」が120万960円(税込)。

(木下健児)