卵アレルギーの原因物質(アレルゲン)を持たないように品種改良したニワトリの開発に成功したと、産業技術総合研究所(産総研)などの研究チームが2016年4月7日、発表した。

発表によると、開発には次世代の品種改良技術として注目される「ゲノム編集」を用い、アレルゲンである「オボムコイド」というタンパク質の遺伝子を持たないニワトリを作り出した。

ゲノム編集は、従来の技術より正確かつ効率よく遺伝子を操作できるが、ニワトリへの適用は難しいとされてきた。それが今回成功したことで、産総研は「ニワトリからオボムコイドを完全除去する目処が立った」としている。

今後、鶏卵にもアレルゲンを含まないようにする技術の開発や、副作用の少ないアレルギーワクチンの生産にもつながると期待されている。