競泳日本選手権6日目の4月9日、日本のエース・萩野公介はやっと納得の表情を見せた。この日は萩野の出場種目最後のレース、200m個人メドレー決勝が行なわれた。

 最初のバタフライは5m通過が24秒43で、自身の持つ日本記録より0秒46も速いタイム。そこで完全に抜け出して独泳にすると、背泳ぎを終えた100m通過は日本記録とのラップ差を0秒75にまで広げる52秒86。そして後半も初日の400m個人メドレーのように落ち込むことなく泳ぎ切り、後ろで瀬戸大也と藤森太将が熾烈な代表争いをしているのを尻目に大差をつける1分55秒07でゴール。それまでの日本記録を0秒26更新し、リレーを含めて4種目目の五輪代表を決めた。

「レース中は自分のタイムに期待しつつ、楽しみながら久しぶりにいい感覚で泳げました。最後の自由形のラスト10mでストロークが小さくなったり、キックの入りも悪くなって少し泳ぎが詰まってしまったのが54秒台に入れなかった要因だと思いますが、1分54秒台中盤(世界記録は1分54秒00)くらいは見えるレースができたので良かったと思います」

 こう話す萩野は前半の100m通過が52秒86だったことを、「あのタイムは200m個人メドレーの通過じゃないですよ。普通に考えたら200m自由形の通過タイムですね」と言って自画自賛する。

 この日本選手権で、萩野はこれまでの多種目挑戦から、200m、400m個人メドレーと200m自由形の3種目の出場へと変えた。本番を意識して種目を絞ったのだ。

 そんな大会を萩野は「体はすごく楽だったけど、気持ちはきつかった」と言う。出場したのは、上位4名の合計タイムで代表枠が獲得できる4×200mフリーリレーを含めて、すべてが本番でメダルが狙える種目。

 昨年は世界選手権直前に右肘を骨折して代表を辞退し、泳げない日々も経験していた。「肘を骨折したあとは、前と同じ動きができているかといえばそうではないと思うし、右と左の差も出ている。そういう状態だと練習でタイムが出ていても試合でタイムが出ないと不安になる部分あって......」と話す萩野にとって、不安を払拭するためのカンフル剤は、自己記録を更新すること。日本選手権に種目を絞って出場することで、その目標を達成し、自信を取り戻して五輪に臨みたいと考えていた。

 だが初日の400m個人メドレーでは、そんな思いが若干空回りした。最初のバタフライは日本記録のラップを1秒67も上回る54秒65で入ったが後半はスタミナ切れとなり、2位。昨年の世界選手権優勝の瀬戸には4秒62差をつける圧勝で五輪代表権は獲得したものの、記録は自身の日本記録に1秒29及ばない4分08秒90にとどまった。そしてレース後には「代表になれたことはうれしいけど、もっと高いタイムを望んで練習してきたのですごく悔しい」とこぼした。

 さらに大会3日目の200m自由形では自身が持つ日本記録には0秒27及ばない1分45秒50の優勝。「50mから100mを落とし過ぎたので日本記録には届かなかったけど、予想通りのタイム。後半も悪くなかったので五輪ではメダルを狙いたい」と話して納得した表情を見せたが、喜びを滲ませるほどではなかった。

 そんな状況だったからこそ、最後の200m個人メドレーでの日本記録樹立は、彼自身も待ちわびていたものだったのだ。

 萩野は今大会を「最初はもうちょっといい結果を出そうと思っていたけど、4年ぶりの五輪選考会だし、雰囲気も特別なので......。最初の方は緊張して、うまく自分らしい泳ぎや感覚をつかめなかった。でも徐々に体の調子もよくなり、会場の雰囲気にもうまく溶け込んで、最後は力を出せたのかなと思う」と振り返った。

 そしてここまでの道のりを、「去年1年間は肘の骨折などいろいろなことがあって自己ベストが出ていなかったので、表彰台で日本記録の賞状をいただいたときには本当に『ああ、久しぶりだなー』と思いました。自己ベストが出たことで『今の泳ぎでも全然大丈夫なんだ』ということを心から思うことができたし、他の種目も遜色がないように泳げたので良かった」と言って笑顔を見せた。

「でもここが終わりではないので、ここからさらにもう一段階ギアを入れていかなければいけないと思います。リオ五輪の目標は200m個人メドレーと400m個人メドレーの金メダルと、200m自由形のメダル獲得。それに4×200mリレーでも4人で力を合わせて、絶対にメダルを獲って帰ってきたいと思っています。これからきつい練習をしながらレースにもドンドン出ていくと思いますが、絶対に負けたくない。負けたら金メダルが遠のいてしまうという意識で精一杯やっていけたらと思います」

 こう話して気持ちを引き締める萩野は、3年前から一緒に練習をしていて、直近の高地合宿では同部屋になっていろいろなことを学ばせてもらったという北島康介の引退に対してはこう語った。

「やっぱり北島さんがいるといないとではチームの雰囲気はまったく違うし、それほど北島さんがほかの選手に及ぼす影響というのは計り知れないものでした。そんな北島さんが代表にならなかったからには、僕たちは頑張る頑張らないじゃなく、自分たちで北島さんがこれまで担っていてくれたいろいろなことを背負って、精一杯やらなければいけないと思っています。だからこそリオ五輪でいい結果を出して、『自分たちはここまで強くなりました』というのを北島さんに見せたいと思います」

 自身が3冠を獲得した一方で、北島が代表権を逃して引退を発表した日本選手権。それは萩野にとって、「自分が本当にチームを引っ張る存在として成長していかなければいけない」ということを改めて決意させる、記憶に残る大会になったはずだ。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi