「おかしい」と思ったらすぐに医師の診察を

写真拡大

働き盛りの年代は、つい自分の健康状態のチェックを二の次にしていないだろうか。会社の定期健康診断で「異常なし」との結果が出ても、ひそかに体の中では重大な病気が進行しているかもしれない。

J-CASTニュースの男性記者も、つい最近、あやうく命にかかわる重大な疾患があるとの現実を突き付けられた。ほとんど自覚症状がなかったが、実際は医師が「命の保証ができない」とまで口にする状態だったという。あなたの体にも「静かな恐怖」が忍び寄っているかもしれない。

心電図「明らかにおかしい」「あるはずの血管がない」

記者のAさんは53歳。温厚で社交的、アルコールは一切飲まない。持病の糖尿病ため月に1度、地元の病院に通って診察を受けている。

2016年3月中旬、定期検査で医師を訪れたときのことだ。終了後に医師から、「何か変わったことありますか」と問われたので、ふとこう返答した。

「特にないですけど...最近たまに胸が痛くなるんですよ」

実はAさん、2月半ばごろから通勤途中に軽い息苦しさ、胸を押される感覚があったという。自宅から最寄り駅まで歩いているときに起きるが、電車の席に座るころには収まっていた。しかも、発生頻度は高くないので、「運動不足かな」とあまり気にしていなかった。

だが、Aさんの担当医師は軽視しなかった。「すぐにカルテを回すから」と、病院内にある心臓外科で診察してもらうように告げた。

そこで心臓の専門医による問診、心電図検査を受けると結果は、「明らかにおかしい」と出た。予想外だったが、その場で医師が紹介状を書き、近日中に総合病院で精密検査を受けるように指示された。

しかし、まさか深刻な事態ではないだろうと考えたAさん、検査の予約を2週間後にした。その前週は予定が詰まっていたこともあり、週末には趣味の草野球に興じた。体に異変は起こらなかった。

そして精密検査。だが、やはりここでも「異常あり」となった。医師の口から、衝撃の言葉が飛び出した。

「あるはずの血管がないんです」

即入院決定、3時間ほどの手術

医師の説明によれば、心臓の冠動脈の1本が根元のあたりで詰まっており、その先の血管が見当たらないという。病名は「急性冠症候群(不安定性狭心症)」と診断された。医師は「いつ倒れてもおかしくないですよ」と話すが、明確な自覚症状がないAさんは、今ひとつ事態を飲み込めない。

医師「今日、これから入院していただきます」
Aさん「そんなにひどい状態なんですか。最近、野球をやりましたけど、何ともなかったですよ」

このひと言で、医師は「え、野球やったの」と驚きながら表情がこわばったという。Aさんにとっては、何も準備していないまま急に入院と言われて戸惑った。職場にきちんと休暇を申請したいし、家族にも説明するので「1週間ほど待っていただけませんか」と頼んだが、医師はひとこと、こう告げた。

医師「命の保証ができませんよ」

Aさんもこれで、「医師にこう言われると、さすがにまずいなと思って」指示に従った。

入院から2日後、手術が行われた。左手首の血管からカテーテルという医療用の管を入れて、詰まっている個所を確認。その後、血管を内部から広げる「ステント」という器具を入れた。

Aさん「私はベッドの上で天井を見たまま体は動かせませんが、部分麻酔なので周りの会話は聞こえます。手術中、医師の『いきますよ』のひと言で突然、看護師らに体を押さえられました。おそらく器具を体内に入れる際に患者が暴れないようにする措置でしょうね」

3時間ほどで終了。その後も、特に痛みを感じることはなかった。経過は良好で、1週間ほどで退院した。一度詰まった血管は、措置後も詰まりやすくなるので、しばらく経過観察が続く。

1か月前に健康診断で心電図検査を受けていた

実はAさんは、家族に手術の話をした時に、妻から「そういえば2月ごろから『胸が痛む』と言っていた」と教えられたという。サインは出ていたのだが、気づかなかったのだ。

それでも、いくつもの幸運がAさんを救った。まず、月1回持病の診断を受けており、医師と定期的に面会していたこと。その医師が「かかりつけ医」のように、Aさんの健康状態を把握していたこと。「たまたま」Aさんがその医師に胸の痛みを打ち明けたこと。そして、医師が聞き逃さず即座に専門医の診察を受けるように指示したこと――。さらに、精密検査の日程が少し遅れたが大事に至らなかったことは、ラッキーこの上なかった。

胸の痛みを感じる前月、Aさんは健康診断で心電図検査を受けていたが、問題は見つかっていなかった。退院後の4月上旬に医師を訪れたところ、症状は短期間で急激に進行したようだと説明を受けた。また「いきなり心筋梗塞で(病院に)担ぎ込まれていたとしてもおかしくない状況だった」と言われて、「さすがにゾゾっとしました」。

無事、編集部に復帰したAさんは、自らの体験を踏まえて「ぜひ読者の皆さんに伝えたい」とこう話した。

「当たり前かもしれませんが、『痛い』と思ったらすぐ医者に診てもらってください。私の場合は、いつも診察してくれる医師に助けられたと言ってもいいです。かかりつけ医のように、自分の健康状態を十分に理解している医師の存在が大切です」