民用航空局提供

写真拡大

(台北 11日 中央社)日本航空は台湾人を対象とした客室乗務員の採用活動を実施する。今月末までインターネット上で応募を受け付け、5月上旬から下旬にかけて筆記や面接の試験を行う。台湾での募集は9年ぶりとなる。

日本政府観光局(JNTO)の統計によれば、昨年の台湾からの訪日旅行者数は約368万人に上り、過去最高を記録。1日あたり平均1万人以上が訪れている計算になる。日本航空は今回の募集について、さらに質の高いサービスを提供するためだと説明している。

採用予定人数は20人前後。性別は問わない。現在、同社には58人の台湾人客室乗務員が在籍しており、全て女性となっている。

同社は桃園−成田線、桃園−大阪線、台北松山−羽田線を往復各2便、桃園−名古屋線、高雄―成田線を往復各1便毎日運航している。

(汪淑芬/編集:名切千絵)