2016年4月24日、富士スピードウェイにて開催される「モーターファンフェスタ」。創刊90周年という『モーターファン』誌からローンチから5周年のWEBメディア『クリッカー』まで、三栄書房が関わるメディアやイベントのアニバーサリーが多数重なっている”モーターファンズイヤー”を記念したイベントです。

その「モーターファンフェスタ」における三菱自動車の出展内容が明らかになりました。

1

まず、三菱自動車のDNAともいえる4WDテクノロジーを体感できるイベントが、テレビCMでもおなじみの『4WD登坂キット同乗体験』です。

移動式の45度スロープをパジェロやデリカD:5といったクリーンディーゼル搭載の4WD車で登りきる様を間近に見たり、同乗することができるのです。

しかも、ドライバーを務めるのは、三菱のマシンを駆ってチャンピオンを獲得したこともある、3人の伝説的ラリードライバーというから見逃せません。

その3名とは、1999年・2010年のFIAアジア・パシフィックラリー選手権でシリーズチャンピオンのラリードライバー田口勝彦選手、全日本ラリー選手権で通算10回のシリーズチャンピオンを獲得というランエボ使いのラリードライバー・奴田原文雄選手。そして、パリダカ2連覇を達成したラリードライバーの増岡浩さんなのです(予定)。

4WDと並んで、三菱自動車のコア・テクノロジーといえば、電動化です。

プラグインハイブリッドカーである「アウトランダーPHEV」の電源を利用した””バーチャル星空ドライブ”は、ヘッドマウントディスプレイにて星空の映像を映像を体験するというもの。さらに、電動スロットカーの操作体験、電化製品を使った新しいキャンプの展示など、「アウトランダーPHEV」の特徴といえる給電能力をデモンストレーションすることになっています。

そうした電動化や4WDといったテクノロジーの象徴といえるモータースポーツ車両として、パイクスピークインターナショナルヒルクライム2014 参戦車両「MiEV Evolution掘廚筌僖蝓Ε瀬ールラリー2002優勝車両「パジェロ」を展示するというのも注目です。

モーターファンフェスタについて詳しくはこちら
※都合により変更となる場合があります。ご了承ください。

【モーターファンフェスタ】3人のラリーチャンプの運転で三菱4WDの実力を体感できる(http://clicccar.com/2016/04/11/364826/)