写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サイボウズ、大塚商会およびサイオステクノロジーは、サイオスの複合機向けアプリケーションソフトウェア「QuickスキャンV4(クイックスキャン ヴイフォー)」にサイボウズのクラウド型Webデータベース「kintone(キントーン)」の機能を統合、e-文書にも対応する「QuickスキャンV4(クイックスキャン ヴイフォー)バージョン4.1(以下「QuickスキャンV4.1」)」を共同で開発し、4月11日より提供開始すると発表した。

製品は、大塚商会が導入支援、コンサルティングおよび保守サービスとともに販売する。

「QuickスキャンV4.1」は、パソコンを介さずに複合機からスキャンした書類データを直接クラウドの「kintone」へ登録することができる。これにより、外出先からモバイル環境での確認も可能となるほか、「kintone」上の業務アプリケーションからスキャンしたデータを利用できるようになる。

また、6月には帳票の電子保存を推進する「e-文書対応オプション」の提供を予定しており、e-文書に準拠した領収書等の管理ソリューションが導入できるようになるという。同オプションでは、e-文書対応検証機能や、幅広く帳票の電子化を推進するために、「kintone」で利用できる領収書や請求書の処理を行うためのテンプレートをサイボウズの支援によりサイオスが開発し、大塚商会による導入支援・保守サービスの対象として提供する。

価格は、QuickスキャンV4が70,000円、タイムスタンプオプションが初期費用20,000円、年間費用60,000円(1,000スタンプ/月)〜。

e-文書対応オプションは、初期費用が300,000円、年間費用が:90,000円/年(1,000スタンプ/月)〜。なお、e-文書対応オプションを購入する場合は、タイムスタンプオプションは必要ない。

電子データでの保存が認められるようになった電子帳簿保存法の改正が今年1月から適用され、企業における帳票の電子化が今後急速に進むと考えられるが、未だ電子保存に必要な要件水準が高く、国税関係帳簿書類について電子データでの保存の適用を受けるための申請にまで至らない企業が多くあるという。そこで3社は、改正電子帳簿保存法への対応支援が、今後多くの企業に求められると考え、「QuickスキャンV4.1」を提供することにしたという。

3社は、今回の製品連携による販売を推進するとともに、改正電子帳簿保存法への対応ノウハウ、必要なツールを共同で開発・提供していくという。

(丸山篤)