競泳日本選手権5日目の4月8日。この日最後のレースの男子200m決勝が終わると、会場は自然発生的に拍手の音に包まれた。2分09秒96で5位に終わった北島康介の泳ぎと、これまでの彼の戦いへの賞賛と、労(ねぎら)いの意味を込めた暖かい拍手だった。

「平井先生からも『課題は最後の25mだな』とずっと言われていて、自分もその思いが強かったので、昨日と今日で『どうやったらラスト25mを粘れるかな』と一生懸命想像したんです。でも粘れないんだよね、自分の気持ちは。だからそれが俺かな、みたいな。ロンドン五輪もそうだったけど、最後は自分のスタイルで決めて終わりたいなと思って......。もちろんここで終わることは想像してなかったけど、五輪を決めに行くとなったら自分らしく泳ぎ、最後は粘れるだけ粘って。2回も高地トレーニングをしているのだから、自分と平井先生を信じて泳ごうと思ってスタートしました」

 レースは昨年2分07秒77を出している小関也朱篤が150mまで2分07秒01の世界記録を上回るラップタイムで泳いだ。それに対して北島の泳ぎは、「今の康介なら前半から行けと言われれば小関と同じくらいのペースで行けるけど、最後50mはポカリと浮くと思う」と言う平井伯昌コーチの「最初の50mは速く入っても、そのあとの150mは徐々にビルドアップしていくイメージで泳ごう」という指示通り、小関に0秒43差の28秒95で50mを通過すると、その後の50mは14ストローク、15ストロークで泳ぎ2番手を維持した。しかしラスト25mを過ぎると、4レーンの渡辺一平にかわされ、最後はタッチも流れて5位に落ちた。

「最後まで自分の攻めのレースができたんじゃないかと思うし、五輪へ行きたいという気持ちをもう一回持って、僕の中でも頑張りきれたという思いはあるので晴々したというか、やり切った感はあります。でも結果を見るとすごく悔しいね。ずっと2分8秒台を想定してトレーニングをしてきたのに、2位の渡辺一平が2分09秒45だったし。細かく見ればいろんな意味で悔しい気持ちがフツフツ湧いてくると思うけど、最初から五輪で終わるかこの日本選手権で終わるかというのは決めていたことだし、ある程度の覚悟は持って取り組んできたつもりなので......」

 すべてを終わってみると、「惜しかった」という気持ちが強い。大会初日からの100mでは、午前の予選を1分00秒07でトップ通過すると、夜の準決勝では前半の50mを27秒95で入る積極的な泳ぎをして派遣標準記録を0秒01上回る59秒62で1位になっていた。その時点では「明日の決勝では確実に五輪代表を決めるだろう」と、誰もが思っていたはず。

 ところが決勝では前半の50mを小関に0秒18遅れる28秒17での通過。後半の50mで必死に小関を追いかけて2位でゴールしたものの、結果は59秒93。派遣標準を突破できず、五輪代表の座を逃してしまった。

「何とも言えないというか、積極性に欠ける自分らしくない泳ぎをしてしまったね。もちろん前半は27秒台で行くつもりだったけど、ちょっと泳ぎにこだわり過ぎたというか、自分のスピードを過剰評価し過ぎていた部分もあるとも思う。何か泳ぎのテンポも遅かったし、何とも悔やみきれないようなレース展開になってしまった」と北島は話した。

 平井コーチも「予選も楽に行って28秒10だったから、28秒頭か27秒台で行ければと思っていました。飛び込みからの浮き上がりや25mまでは良かったけど、そこからなぜかペースを落としてしまった感じで。このところは集中しても野獣のようになる感じじゃなかったので、最後に足りないとしたらそんなところかなと話していたんです。決勝前のウォーミングアップはすごく良かったので、特に『集中していきなさい』という話しかしなかったけど、もうちょっと細かく確認する必要があったのかもしれないと反省しています」と振り返った。

「準決勝を59秒前半で行っていたら決勝では58秒90の自己ベスト更新も狙えていたと思うけど、やっぱり100分の1秒だけ派遣記録を切っての決勝というのはちょっと余計なことを考えるよね。もちろん小関や立石諒のことも考えるけど、今までやってきた五輪選考会の中で一番レベルの高い記録で泳がなければいけないというプレッシャーが、もしかしたら頭の中の大半を占めていたのかもしれない」

 こう話す北島にとってベストな流れは100mで代表権を獲得し、より高いレベルの争いになるだろう200mには、思い切りよく挑戦する状況だった。だが平井コーチが「100mで決まっていれば200mでももっと前半から行っても良かったなと思うけど、変にリスキーなレースもできないから。後手に回ったことで、精神面も含めて追い詰められたのかなとも思う」と話すような状況になっていた。

 また、「康介の中に思い切りのよさというか、爆発的な気持ちが蘇ってこなかったなという思いもあるけど、レース前に適切なアドバイスができなかった100m決勝のミスがすべてだなと反省しています」と振り返った平井コーチは、「北京五輪のあとは『引退するだろうな』とこっちも覚悟していたんですけど、今回はそんな覚悟ができていなかったんで......。何かこのあと"北島ロス"になるのではないかと思って心配です」と、苦笑しながら話した。

 それは、長年北島を見てきた人全員に起こり得るだろう。昨年後半からの流れや、100m準決勝のレースを見ていて、北島の五輪出場の可能性は大いにあると考えていた。彼の最後の泳ぎはリオデジャネイロ五輪の舞台だろう......。そんな中での北島の、スイマーとしての真剣勝負の場への挑戦は突然終わってしまった。

 その喪失感はこれから、ジワジワと心の中に広がってきそうだ。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi