写真提供:マイナビニュース

写真拡大

千葉県浦安市の東京ディズニーシーで11日、開園15周年を祝うアニバーサリーイベント「東京ディズニーシー15周年"ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ"」(4月15日〜2017年3月17日)のプレスプレビューが行われ、メディテレーニアンハーバーで公演される新ハーバーショー「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」がお披露目された。

同ショーは、"Wish(願い)"をテーマに開催する15周年イベントのオープニングを飾る期間限定のハーバーショー。さまざまな"Wish"を輝かせる新たな冒険の旅へ期待に胸を膨らませるゲストの前に、"Wish"の象徴となる色鮮やかな"ウィッシュ・クリスタル"を身につけた新コスチュームのディズニーの仲間たちが登場し、15周年の新たな冒険の旅立ちを盛大に祝う。

ハーバー中央のクリスタルのオブジェが光り輝きショーがスタートすると、クリスタルの不思議な力に導かれて、ディズニーの仲間たちが旅の案内人として船に乗って登場。ハーバーを周回した後、ステージに上陸し、そこで自分のクリスタルにはそれぞれ意味があることを知る。ミニーの赤いクリスタルは"愛"、ドナルドの青は"友情"、グーフィーの緑は"元気と健康"を意味し、ミニーたちはそれぞれの願いを歌やダンスで表現し、観客を魅了した。

そして、みんなの願いが集まったクリアなクリスタルを身につけたミッキーが、「大切な仲間たちと一緒に旅を続けて、みんなを元気にしたい」と願うと、ディズニーの仲間たちやダンサーたちは、願いを一つにしようとゲストと一緒に手振りや手拍子で盛り上がる。フィナーレではカイトが大空を舞い、クリスタルのオブジェからは花火が打ち上がり、お祝いムードに包まれた。

「東京ディズニーシー15周年"ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ"」では、"Wish"をテーマにさまざまなプログラムを展開。「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」のほか、新グリーティングショーなどが公演され、「ビッグバンドビート」が公演開始以来初めてリニューアル。パーク内に15周年記念のデコレーションが登場し、15周年特別グッズやメニューも登場する。

撮影:蔦野裕