写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ビー・エム・ダブリューは同社初の電気自動車「i3」の特別限定モデル「i3 セレブレーション・エディション・カーボナイト」を販売開始する。BMWの創立100周年を記念した特別限定車の第1弾モデルとなる。

「i3」は2014年4月、BMWのサブ・ブランド「BMW i」の電気自動車として販売開始された。その製品やサービスは、専用の設計・開発・企画・生産・販売などにより、持続可能なプレミアム・モビリティを実現するという野心的な手法を採用している。とくに「i3」は、量産車として初めてCFRPをボディの基本骨格に採用し、バッテリーの重量を相殺する徹底的な軽量化を達成した。

今回発表された限定車は、バッテリー発電用の小型エンジンを搭載した「i3 レンジエクステンダー装備車」がベース。CFRP製ボディ骨格の上に、新カラー「フルード・ブラック」を採用。「i3」で唯一というモノトーンのボディ・カラーで、都会の夜に映えるスタイリッシュなモデルとした。

その他、優れたエネルギー効率を誇るLEDヘッドライト、存在感あふれるデザインが特徴的な20インチアルミホイール、快適な室内空間を確保するサンプロテクション・ガラスなどを特別装備する。価格は598万円(税込)。40台の限定販売となる。

なお、特別限定モデル「i3 セレブレーション・エディション・カーボナイト」は通常の「i3」と同様、Amazon.co.jpを含む5つの販売チャンネルで販売される。

(山津正明)