表彰式でウィレットにグリーンジャケットを着せるスピース(撮影:GettyImages)

写真拡大

<マスターズ 最終日◇10日◇オーガスタ・ナショナルゴルフクラブ(7,435ヤード・パー72)>
 昨年歓喜の中にいたジョーダン・スピース(米国)にとっては、最悪の思い出となる「マスターズ」となった。3日目にスコアを落としてトータル3アンダーで最終日を迎えたものの、前半に4連続バーディを奪うなどして7アンダーでハーフターン。独走態勢に入って後半を迎えた時には誰もスピースの連覇を疑わなかった。
【関連】英樹、スピースの激闘をフォトギャラリーで振り返る
 スピース自身も「前半は夢が叶ったラウンドだった」と振り返った。だが、「それでバックナインはイーブンパーで回れば良いと思った。おそらくそれがいけなかったのだろう」。
 「10番では3W、6番アイアンをアグレッシブに打てなかった。11番はドライバーでミスショット。そして12番では集中力を失ってしまった」。150ヤードのパー3。スピースの放ったボールはグリーン手前のクリークに消えた。「そのあとは何をすべきか分からなかった。ドロップゾーンに戻ることもできた。2014年にはボギーセーブができたのに、65ヤードのダウンスロープがイヤで80ヤード地点から打った。何が起きたのか分からないけど、大きくダフってしまった」。パー3で痛恨の“7”。あっという間に首位から転落した。
 失意の中スピースを前に進ませたのはパトロンの声援だった。「素晴らしかった。13番でバーディーを奪って、14番のティショットも良くて、声援は僕がまた逆転できると信じていたようだった」。だが、スピースの気持ちはすでに戦える状態ではなかった。3アンダーで迎えた17番でボギーを打った瞬間、タイガー・ウッズ(米国)以来4人目の大会連覇の夢は消えた。
 マスターズは前年の勝者が表彰式に出席して、グリーンジャケットを優勝者に着せるのが恒例となっている。だが、スピースにとっては何よりも辛い時間となった。「こんなに辛い表彰式を経験したことのある選手はいないと思う。もちろんダニーの勝利はとても嬉しいが、試合が終わってあまりにもすぐで…」。失意の中で絞り出した22歳。「最後は踏ん張ったけれど、全体的に見るとこの負けは非常に辛い。立ち直るには時間がかかりそうだ」。

<ゴルフ情報ALBA.Net>