『ターザン:REBORN』 (C) 2016 EDGAR RICE BURROUGHS, INC., WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC.

写真拡大

名優ステラン・スカルスガルドを父親に持つ、北欧のイケメン俳優アレクサンダー・スカルスガルド主演で映画化される『ターザン:REBORN』。この作品の場面写真が解禁となり、これまでのターザンのイメージを覆す、スカルスガルド扮する“英国貴族”風のターザンのビジュアルが明らかとなった。

[動画]映画『ターザン:REBORN』特報

本作は、これまでに幾度となく映画化されてきた『ターザン』を、『ハリー・ポッター』シリーズ4作品でメガホンをとったデヴィッド・イェーツが監督するもの。舞台はロンドン。愛するジェーンと結ばれたターザンは、すべてを手に入れた英国貴族として裕福な暮らしを送っていたが、ある日、政府の指令により、貿易使役として故郷のジャングルに戻ることに。だがそれは、ターザンに仕向けられた罠で、捕らわれてしまったジェーンを救うためにターザンは、持てるものを捨て、ジャングルへ再び身を投じるというストーリーだ。

解禁となった場面写真は、ロンドンの街でスーツをスマートに着こなした、これまでのターザンのイメージを一新する衝撃的なもの。サミュエル・L・ジャクソン演じるアメリカ大統領特使がターザンに相談を持ちかけているシーンで、194センチの長身に加え、本作のためにトレーニングを重ね20ポンド(約10キロ)も体重を増加し、見事なボディを手に入れた彼は、裸身のみならず、スーツを着てもやっぱりカッコイイことが判明。

今回のターザン役については「みんなが知っているターザンではない」と断言! 「僕が興奮したのは、僕自身が知っているターザン像ではないということだった。美しい妻、豪華な邸宅など、すべてのものを手に入れたかの様に見えるが、ロンドンに住む様になってからも、心をジャングルに置いてきたまま。ジャングルに戻るというのは、彼にとって難しい決断だったんだ。本作ではロンドンでの10年間、ずっと封じ込めてきた“本当の自分”と向き合わなければならないんだ」とのコメントを寄せている。

『ターザン:REBORN』は7月30日より2Dと3Dで全国公開となる。

【関連記事】
北欧美男アレクサンダー・スカルスガルド演じる新ターザンが美ボディ披露!
『ハリー・ポッター』監督が北欧美男俳優主演で『ターザン』を映画化!
アレキサンダー・スカルスガルド インタビュー
[動画]アレキサンダー・スカルスガルドも登場!『バトルシップ』来日記者会見 at 原子力航空母艦ジョージ・ワシントン