スバル、「WRX S4/STI」を改良

写真拡大

富士重工業(以下、スバル)は、スバル WRX S4/STI に改良を施し、5月11日より発売することを発表した。
<写真:WRX S4 2.0GT-S EyeSight>

【ギャラリー】SUBARU WRX S4/STI May,2016 (7枚)


導入3年目となる今回の改良では、インテリアの質感と静粛性を向上し、商品力を強化したという。
ルーフトリムの素材を従来の不織布からトリコットに変更しインテリアの質感を向上。
また、リヤワイパーブレードの形状を空気抵抗の少ないエアロタイプの形状とすることでリヤワイパーによる不快な風切り音を従来型比で 85%低減した。
さらに、フロントドアガラスの室内側ショルダー部ウェザーストリップを 2 枚化することで風切り音やロードノイズといった室内への透過音を低減し、静粛性を高めるなど、より高い質感を実現する仕様とした。

<写真:WRX STI Type S>

■消費税込み価格

■ボディカラー
WR ブルー・パール
クリスタルホワイト・パール(消費税込 3万2,400円高)
アイスシルバー・メタリック
クリスタルブラック・シリカ
ダークグレー・メタリック
ピュアレッド

■販売計画
月販 500 台(S4:325 台、STI:175 台)

■店頭デビューフェア
2016年6月4日(土)〜5日(日)

■スバル 公式サイト