新しく加わった「サイトリンク」 ※画像をクリックすると拡大します

写真拡大 (全7枚)

 AdWords&Googleアナリティクスの連携データを使ってコンバージョンを最大化させる、Google アナリティクスの「マルチチャネル」「アトリビューション」レポートについて、トランスコスモス主席コンサルタントの山浦氏が解説します。

■「集客>AdWords」レポートに新メニューが登場

 本編に入る前に、Googleアナリティクスに加わった新たなメニューを紹介します。前回までの連載ではAdWords & Google アナリティクス連携によって実現するデータの連携とレポーティングについての詳細を解説してきました。連携すると表示される「集客>AdWords」レポートに新メニュー「サイトリンク」が登場しています。これによって連携によって表示可能なメニュー数は「11個」から「12個」に増えることになります。まだ、一部のアカウントでしか見られませんが順次公開されていくものと思われます。

 新レポート「サイトリンク」はAdWords広告のオプションであるサイトリンクからの流入をディメンションとした、Google アナリティクス側の指標によるレポートになっています。このように、Google アナリティクスのAdWords連携によるレポートは、広告側のオプションにもいち早く対応をして分析を可能にしています。

■コンバージョンを最大化させる2つのレポート
「マルチチャネル」と「アトリビューション」

 では、ここからいつものように解説を始めましょう。連載最終回の今回は、AdWords & Google アナリティクス連携データを使ってコンバージョンを最大化させるために活用できる、Google アナリティクスの「マルチチャネル」「アトリビューション」レポートについて解説をしていきます。

 今回の連載は、すべてステップとしてつながっていますので、これまでの流れを下図でおさらいしておきましょう。

●AdWords 連携データ活用の最終ステップ:アトリビューションモデル比較分析

 AdWords & Google アナリティクス連携によって可能になるレポーティングは、主に“チャネル”や“キャンペーン”軸での評価・分析に活用できるものでした。個々のキャンペーン施策ごとの効果を見ていくことはROAS最適化のために欠かせないプロセスですが、全体予算の最適化の視点から見れば、すべての広告(ならびに集客施策)施策予算の組み合わせの中で、どのように成果の最大化をしていくのかが求められます。リスティング広告、ディスプレイ広告、動画広告、商品リスト広告、モバイル広告など、それぞれの目的によってキャンペーンが同時並行的に運用されていく中で、成果(コンバージョン)が生み出されていくのであれば、その評価は個々のキャンペーン軸ではなく、“成果から見た貢献”という視点で見ていく必要があります。

 そのためGoogle アナリティクスでは、レポートメニューの「コンバージョン」カテゴリの中にこれらの課題のために活用できる「マルチチャネル」「アトリビューション」というレポートメニューが用意されています。これら2つのレポートは別々にメニュー化されていますが、実際には連動して活用するのが良いレポート群です。ここではGoogle アナリティクスのマルチチャネルレポートと連動したアトリビューションレポートの活用ステップを例に、その活用方法を解説していきます。

●「マルチチャネル」「アトリビューション」レポート活用のための準備とステップ

 Google アナリティクスを使っているけれど、「コンバージョン>マルチチャネル」「コンバージョン>アトリビューション」レポートをあまり利用していない、もしくは苦手意識を持っている方は意外と多いのではないでしょうか?

 Google アナリティクスの他のレポートは”ユーザー”や”流入”、”サイト内行動”の「集計レポート」的意味合いが強いので、導入後をすればわかりやすいレポートデータが閲覧できます。また、本連載で述べてきたように連携設定をすれば双方のデータがわかりやすく閲覧できたりするものが多く、使いやすいレポートとも言えます。それに比べて「マルチチャネル」「アトリビューション」レポートは、ただGoogle アナリティクスを導入しただけで利用できるわけではなく、利用するための準備が必要です。また、単なる「集計レポート」というよりは「分析レポート」としての意味合いが強いので、分析の目的とレポートに表示される指標やモデルなどの意味合いをしっかりと理解しておかなければ、データの理解と活用は難しいと思われます。

 では、「マルチチャネル」「アトリビューション」レポート活用のための代表的なステップ例を紹介しましょう。

山浦直宏[著]