2016年を「SUV強化イヤー」と位置づけるメルセデス・ベンツ日本。なかでも目玉といえるのがプレミアムミドルサイズSUVという位置づけのメルセデス・ベンツGLCでしょう。

「GL」は同ブランドのSUV、「C」は車格を表していて、現行Cクラスのプラットフォームを使い、全長4660×全幅1890×全高1645mmというサイズになっています。

1

なお、セダンのCクラスは全長4690×全幅1810×全高1435mm、Cクラスステーションワゴンは全長4705×全幅1810×全高1450mmですから、全長はセダンやワゴンよりも短めですが、全幅は80mmもワイド、全高も約200mm高くなっています。

前身のGLKは先代Cクラスベースで、左ハンドルのみでしたが、GLCは右ハンドル化されているのが朗報。

右側にある運転席に乗り込むと、まさに背の高いCクラスという感じで、ワイドな全幅も感じさせますが、アイポイントの高さと前後シートの頭上空間の十分な余裕などはセダンやワゴンにはない魅力に感じます。

さらに、積載性の高さも美点。ラゲッジ容量はGLKから100L拡大の550L(VDA方式)で、後席背もたれをすべて倒すと1600mmにまで拡大します。

これは、445Lのセダン(最大時未公表)はもちろん、470L-1490Lのステーションワゴンと比べても広く、ワイドな全幅と余裕のある全高が活かされているといえそうです。

セダンはもちろん、ワゴンよりも居住性や積載性、そして4WDなどによる悪路走破性などの点では、アドバンテージのあるGLC。こうしたニーズを求める方には当然ながら「買い」となるわけで、あとは全幅や全高を許容できるか、そして価格が気になるところ。

ただし、GLCのローンチ時は2.0L直列4気筒ターボのみで、ディーゼルやプラグインハイブリッドは今後導入予定だそうです。

GLCの価格は「GLC 250 4MATIC」が628万円、「GLC 250 4MATIC Sports」が678万円、「GLC 250 4MATIC Sports(本革仕様)」となっています。なお、Cクラスセダンの2.0ターボは534万〜657万円、ワゴンの2.0Lターボは570万〜738万円です。

(塚田勝弘)

「CクラスのSUV」メルセデス・ベンツGLCの魅力は? セダンやワゴンとの違いとは?(http://clicccar.com/2016/04/11/365027/)