<マスターズ 最終日◇10日◇オーガスタナショナル・ゴルフクラブ(7,435ヤード・パー72)>
 海外メジャー初戦「マスターズ」の最終日。史上4人目の大会連覇を狙ったジョーダン・スピース(米国)に12番パー3で悲劇が。2度も池につかまり、このホールなんと“7”。初日から守ってきた首位から陥落してしまった。
今年のマスターズを特選フォトでプレーバック
 代わりにトップに立ったのがイングランドの28歳、ダニー・ウィレット。この日は安定したプレーで5バーディ・ノーボギーの“67”をマーク。スコアを5つ伸ばしトータル5アンダーでメジャー初制覇。1996年のニック・ファルド以来20年ぶりとなるグリーンジャケットをイングランドに持ち帰ることとなった。
 スピースはトータル2アンダーでリー・ウェストウッド(イングランド)と並び2位タイに。4打差の4位タイにはダスティン・ジョンソン(米国)ら4選手が入った。
 2打差の3位タイから逆転優勝を狙った松山英樹は4バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの“73”ホールアウト。スコアを1つ落とし、トータルイーブンパー7位タイでフィニッシュ。「ショットの不安、パットの不安がそのまま出てしまった」と序盤でスコアを崩しグリーンジャケットには手が届かなかったが、2年連続のトップ10フィニッシュを決めた。 
 世界ランクNo.1のジェイソン・デイ(オーストラリア)はローリー・マキロイ(北アイルランド)らと並びトータル1オーバー10位タイ。驚異の58歳、ベルハルト・ランガー(ドイツ)はスコアを7つ落としトータル6オーバー24位タイで競技を終えた。
【最終結果】
優勝:ダニー・ウィレット(-5)
2位T:ジョーダン・スピース(-3)
2位T:リー・ウェストウッド(-3)
4位T:ポール・ケーシー(-1)
4位T:J・B・ホームズ(-1)
4位T:ダスティン・ジョンソン(-1)
7位T:マシュー・フィッツパトリック(E)
7位T:ソレン・ケルドセン(E)
7位T:松山英樹(E)
10位T:ジェイソン・デイ(+1)
10位T:ローリー・マキロイ(+1)他3名
<ゴルフ情報ALBA.Net>