画像

写真拡大 (全4枚)

 ニールセンは、2015年の消費者のデバイス利用状況、属性別の利用サービスの違いをまとめたレポート「Digital Trends 2015」を公開した。

 ニールセンは、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView、PC版インターネット視聴率情報Nielsen NetViewのデータをもとに、2015年の消費者のデバイス利用状況、属性別の利用サービスの違いをまとめたレポート「Digital Trends 2015」を公開。次のような特徴があることがわかった。

2015年もスマートフォン利用者は増加しているものの、増加率はゆるやかに
今後のスマートフォン利用者の増加は45歳以上がキーターゲット
スマートフォンで利用者数500万人超のサービス数はPCの2倍以上の100サービス

 レポートによると、スマートフォンからインターネットを利用した3か月平均の利用人口(2015年7〜9月)は5,000万人を超え、2年前の同時期と比較すると利用者数が1.5倍に伸びていることがわかった。しかし増加率を見ると、2013年の平均が10%前後で推移していたのに対して、2015年7〜9月では4%まで鈍化している様子も見てとれる。
スマートフォンからのインターネット利用人口(万人)推移および増加率

 またデバイスごとの2015年9月のインターネット利用人口を年代別に見ると、44歳以下ではスマートフォンからのインターネット利用者人数がPCよりも多くなっていたのに対し、45歳以上では未だPCからのインターネット利用者のほうが多くなっていた。

 次に2015年9月のPCとスマートフォンからの利用者数別のサイト数を見ると、利用者数が500万人を超えるサイトはPCで42サイト存在していたのに対し、スマートフォンでは104サイトでPCの2.5倍の数があることがわかった。また、PCでは利用者数100万人を超えるサイトが昨年同月比で26サイト減少しているのに対し、スマートフォンでは93サイト増加していた。

MarkeZine編集部[著]