11日、割り込みなどに怒ったドライバーが乱暴運転で仕返しをする「報復運転」が韓国で社会問題化する中、韓国・ソウル新聞は韓国在住の日本人が見た韓国人の運転マナーについて報じた。写真はソウル。

写真拡大

2016年4月11日、割り込みなどに怒ったドライバーが乱暴運転で仕返しをする「報復運転」が韓国で社会問題化する中、韓国・ソウル新聞はこのほど、韓国在住の日本人が見た韓国人の運転マナーについて報じた。

93年に韓国人男性と結婚して以来、韓国で暮らす50歳の日本人女性は、「韓国の『パリパリ(早く早く)』交通文化は今でも怖い」と語る。韓国で運転免許を取得して10年、通勤でソウル市内を頻繁に運転し慣れているはずだが、「車に乗るたびに一瞬も気を抜けない」というのだ。

彼女が挙げた具体的な問題の一つは、短過ぎる車間距離。「日本では3台分(約10メートル)の車間を保つのが安全とされている」のに対し、韓国ではせいぜい5メートル足らず。日本のように車間を10メートルも取ろうものなら、後ろからクラクションを鳴らされる。狭い車間にも隣から割り込もうとする車が後を絶たないのだ。また、急な車線変更では「タクシーが一番怖い」。歩道の客を乗せようと、数車線を一気に横切るタクシーも多いという。

そして、制限速度を守る車がほとんど見当たらない。60キロ制限を守る女性の車を、我慢ならないといったふうに車が次々と追い越して行く。後ろからクラクションであおる車も。女性は「日本では都会でもクラクションの音を聞くことはほとんどない。韓国は譲り合いや謝罪の気持ちを表せば済む場面でも、いつもクラクションが鳴らされる」と語った。

これについて、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「恥ずかしい」
「韓国の運転マナーを直すべき。僕はオーストラリアで運転して7年になるけど、とても楽だ。クラクションを鳴らす人もスピードを出す人もほとんどいない。横断歩道では必ず徐行するし、歩行者がいれば待つよ」
「信号を守ってる車に対してクラクションであおる人もいる」

「運転マナーだけを見ても、韓国がどれだけ遅れた後進国かがよく分かる。先進国の器にはなれないね」
「韓国は今も交通後進国。中には精神病患者みたいなドライバーもいる。運転はやめてまず病院に行ってほしい」
「韓国はなぜこうなのか?運転に譲り合いがないからだ」

「われわれはまだ最低限の基本がなってないのです。一応ごはんを食べて暮らしてはいますが…」
「以前、中国人を乗せて運転したら、いつもと同じようにしたはずなのに感動されちゃったよ。韓国の交通マナーは最高だって。中国の交通事情を知りたくなったね」(翻訳・編集/吉金)