<マスターズ 最終日◇10日◇オーガスタナショナル・ゴルフクラブ(7,435ヤード・パー72)>
 海外メジャー初戦「マスターズ」の最終日。首位と2打差の3位タイから逆転でグリーンジャケットを狙った松山英樹は4バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの“73”。7位タイで4日間の競技を終えた。
松山英樹の5度目の「マスターズ」を写真で振り返る
 
 この日の前半はショットが乱れ苦しい展開に。6番パー3では今年のこの大会初となるダボを叩くなど3つスコアを落としバックナインへ。後半は10番で5.5メートルを入れバーディが先行。13番パー5でもスコアを伸ばすが、チャンスを決めきれない場面もありチャージはここまで。この日はスコアを1つスコアを落とし、グリーンジャケットには手が届かなかったが、2年連続のトップ10フィニッシュで5度目のマスターズを終えた。
 ホールアウト後のテレビのインタビューで「最終組の1つ前だったが緊張はあまり感じなかった。ただ、抱えていたショット、パットの不安が出てしまった。10番でバーディを獲って良い流れを作ったがその後の4ホールで1つしか獲れなかったのが痛かった。(メジャーは)近いようで遠い感じもあるが、課題を克服できたらチャンスがあると思います」とコメントした。