地球温暖化の理由の「10分の1」は中国によるもの

写真拡大

『ネイチャー』で発表された研究によると、地球温暖化の10パーセントは、中国による二酸化炭素排出が原因と考えられる。しかし同時に、驚くべきことも判明した。

「地球温暖化の理由の「10分の1」は中国によるもの」の写真・リンク付きの記事はこちら

悪いニュースには、思いもかけなかったデータが混ざっていた。『ネイチャー』で発表されたある研究において、李本綱の率いる中国の北京大学の科学者チームは、世界で初めて、地球温暖化における中国がどれだけ関与しているかを算定した。

特に、論文に付された論説においてドミニク・スプラクレンが明らかにしているように、この研究からは、「中国における化石燃料の使用による二酸化炭素の排出が、この数十年で劇的に増加した」こと、しかしまた、その間に「この国が地球規模の気候変化にどれだけ影響を与えたかについては、驚くべきことに一定のままだった」こと、そしてそれが[全体の]約10パーセントであることが判明した。

この事象について(推定される)理由を説明するためには、少し歴史を遡る必要がある。科学者たちは、生物地球化学的・気候学的モデルを用いて、地球のいわゆる放射強制力への中国の寄与を評価した。これは、気候システムのエネルギーバランス(すなわち、地球の大気システムの中に入るエネルギーから、同システムから出て行くエネルギーを引いたもの)の大きさのことだ。

惑星を熱する効果のある正の放射強制力は、温室効果ガスの濃度の変化により引き起こされる可能性がある。これまでも、中国の急速な工業化が間違いなく気候変化にインパクトを与えたことは知られていた。しかし、定量的にその大きさを確定させること、そしてとりわけ、さまざまな汚染物質の寄与を見分けることは非常に困難だった。

李本綱のチームは、このモデルによって、2010年のみのものに加え、1750年(つまり産業化以前の時代)から2010年までに含まれる期間における、地球の放射強制力に対する中国の寄与を定量化することに成功した。

発見したのは、化石燃料の利用に由来する二酸化炭素排出は、地球温暖化に最も大きく寄与した現象だが、メタンガスや黒色炭素エアロゾルも責任の一部を担っており、全体の10パーセントに達するということだ。しかし、驚くべきことに、正味の寄与は、多かれ少なかれ常に同じだったということもわかった。

科学者たちによると、それは、大気中の硫酸塩の冷却効果によるものかもしれない。硫酸塩は地球温暖化の効果を覆い隠すことで知られており、事実、その大気冷却への寄与は、産業化以前の時代の10パーセントから、現在は30パーセントにまで達している。