NISA、定期預金から金利のいいネット銀行へ……! 貯蓄額を増やすために心がけていることって?

写真拡大

毎月のお給料やボーナスを、結婚資金や老後のために貯蓄をして、日々の生活でちょっとした節約をしている人も多いのではないでしょうか。では働く女性が「貯蓄額を増やすため」に心がけていることとは? 社会人女性170人に聞いてみました!

■自炊、お弁当持参

・「自炊をしてお弁当を作る。食費を月1万円に抑える」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「お弁当や飲みものを家から持っていって節約すること」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「昼食はなるべく外食しない。1カ月単位で見ると、ものすごく出費が異なってくるので」(30歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

多かったのは「自炊してお弁当を作る」など、外食を控えて自分で料理を作るという回答でした。ランチ代だけでも積み重ねれば大きな出費なので、お弁当を作って持っていけばかなりの節約になりそうですね。

■資産運用

・「投資の勉強して、今あるお金を増やす計画を立てている」(30歳/情報・IT/営業職)

・「個人年金に入り、ほぼ強制的に貯めるようにしている」(32歳/情報・IT/事務系専門職)

・「給与天引きで財形を利用してる。金利のよいインターネットの銀行に預金している。NISAをやっている」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

「投資の勉強をしている」や「個人年金」「財形やNISA」など、資産運用をしているという回答もありました。貯蓄をする上で金利のいい銀行は必須ですよね。NISAは少額ではじめられるので、投資の初心者でも安心です。

■定期預金に入れる

・「定期積み立てで強制的に貯めるようにしています」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「定期など、あらかじめ使えないように、口座に入れてしまう」(29歳/その他/販売職・サービス系)

・「定期預金をネット銀行にする。金利がほかと比べていい」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

貯蓄を「定期積み立て」などで強制的に貯めているという回答も多くありました。定期預金は簡単におろすことができないので、確実に貯められるのがいいところですよね。ネット銀行は金利が高いところが多いようです。

■500円玉貯金、つもり貯金

・「毎月の貯金のほかに500円、50円玉貯金をしてます」(24歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「つもり貯金。ペットボトルを買ったつもり、お菓子を買ったつもりなどで我慢して貯金している」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「衝動買いをせずに、本当に必要なものかどうかよく考えてから、買うようにしている」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

毎月の貯蓄とは別に「500円玉貯金」「50円玉貯金」や「つもり貯金」をしているという回答も。1回の金額は少なくても、続ければ確実に貯蓄が増やせますよね。買う前に「本当に必要かどうか」を考えることも、無駄遣いを減らすためには重要なポイントになりそうです。

■まとめ

社会人女性170人が「貯蓄額を増やす」ために心がけていることについて、いろいろな回答が集まりました。自炊や資産運用、定期預金やつもり貯金など、節約のほかにも投資などで貯蓄額を増やしている人が多いようです。貯蓄額がなかなか増えないという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年2月にWebアンケート。有効回答数170件(22歳〜34歳の働く女性)