入学式どうだった?子どもの「イベント写真」を上手に撮るコツ4つ

写真拡大

ですが、一生懸命に撮った写真でもあとから見返したときに「う〜ん。なんかイマイチ……」ってガックリきちゃうことありますよね。今は入園式や入学式のシーズンですから、できれば思い出に残るプロ顔負けの素敵な写真を撮影したいところ。

今年の入学式はすでに終わってしまった……というご家庭でも、これから運動会や学芸会、誕生日など様々なイベントがまだまだありますよね?

この度、フォトブックサービスを展開するアスカネットの発表によって、“入園式や入学式などのイベントごとで失敗しない写真を撮るコツ”が明らかになりました。

これを知っていれば、これから撮影する写真はとびっきり素敵に撮影できるかもしれませんよ! さっそく、その驚異のコツを4つお伝えしていきます。

 

■コツ1:看板は隠さない

入学式や入園式では、「入学式」と書かれた看板が飾ってあり、そこで記念写真を撮影する親御さんも少なくないですよね。

このときに素敵な写真を撮影するためのコツは、看板を隠さないように撮影することなのだそうです。

確かに、看板が途中で切れてしまっている写真や、看板の文字が読めない写真は後々見返したときにビミョーな気持ちになりますよね?

パッと見て、いつの写真なのかがすぐわかるようにしておくのは記録の観点からも大切です。入学式に限らず、「学芸会」「運動会」などイベントごと全般に共通するコツといえそうですね。

お子さんを看板前に立たせるときには、文字が隠れない位置に立たせるよう意識してみるといいでしょう。

 

■コツ2:家族の集合写真はセルフタイマーで

家族全員の写真を撮影するときには、セルフタイマーを使うのが失敗しない写真撮影のコツになるのだそうです。

最近では、スマホの自撮りで家族写真を済ませてしまうご家族もいるかもしれませんが、せっかくのイベントではしっかりとした写真を残したいですよね!

見知らぬ通行人に「すみませ〜ん! シャッター押してもらえますか?」と聞くのもアリではありますが、他人のシャッターのタイミングって家族全員がベストな笑顔になっている瞬間を収めてもらうのが難しかいものです。

セルフタイマーだったら、いつシャッターがおりるのか明確ですし、何度撮り直しても誰にも気兼ねせずに済むのでラクですよね。

 

■コツ3:毎回同じ背景と同じ構図で撮影する

記念写真を楽しいものにするコツの3つめとしては、「幼い頃撮ったような写真と同じような構図で撮影し、成長を比較すること」なのだそう。

学校の正門前や、自宅の玄関前など同じ構図を繰り返し撮影できるスポットを見つけ、同じような構図で撮影することで我が子の成長が目に見えてわかりますよね!

写真の記録としても感慨深いものが出来上がりますし、成長を比較する目的でイベントごとに同じ場所で撮影するのは楽しい写真を撮影できる秘訣になりそう。

同じ場所で撮っているつもりでも、意外と違う角度から撮っている写真になっていることがありますので、今年からはきっちりと“同じ構図”で撮ることを意識してみるとよさそうです。

毎年、運動会や学芸会ごとに成長の記録がとれるなんて、楽しみですよね!

 

■コツ4:振り返った背中越しの自然な笑顔はシャッターチャンス

そして、同社による撮影のコツの最後となる4つめは、「振り返りを撮って動きのある写真を撮影する」ことなのだそう。

直立不動で「ハイ、チーズ!」と撮影した写真も成長の記録としては大切ですが、自然な表情を撮影するためには少し動きがあったほうがイイですよね。

ですが、お子さんに「笑って!」とか「動いて!」とかいっても、なかなか動きが硬くなってしまいがちです。

ですが、後ろ向きに立たせて振り返らせるだけだったら、カンタンに動きのある写真が撮影できますし、自然な笑顔が撮りやすいのではないでしょうか?

背中越しにカメラを見るような写真って、それだけでちょっとプロっぽい構図ですし、手軽に素人以上の写真を撮る秘訣になりそうです。

 

いかがでしょうか? 入園式や入学式で、納得のいく写真が撮れると嬉しいですよね!

お子さんの自然な笑顔が撮影できると、それだけで満足度も高くなりますが、せっかくならちょっとしたコツを知っておきたいところ。

「今年の入学式では、プロっぽい写真が撮影できなかった〜!」という親御さんは、ぜひ運動会や学芸会などの次のイベントから意識してみてはいかがでしょうか。せっかく一眼レフカメラを買ったなら、少しでもイイ写真を撮影したいですよね!

参考にしてみてください。

(ライター 並木まき)

 

【関連記事】

※ 今すぐやめて!「子どもの成長に悪影響を及ぼす」親の悪習慣3つ

※「入学式でママが気にすること」3人に1人がアレを見せる事に抵抗あり

※ いない子どもの悪口よりも!「ママ友会で嫌われる言動」圧倒的な1位は

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 外出中も安心!「留守中に子どもを見守りたい」ママの強〜い味方とは

※ 記念撮影すらイヤになる…アラフォーママが「薄毛を実感するシーン」3つ

※ ママ友に自慢できる!今話題のミドリムシの栄養を徹底解説

 

【姉妹サイト】

※ 昔はよかった…!? 夫が「今のアナタに幻滅している」NGサイン3つ

※ 0円で便秘スッキリ!捨てる食材でできる「腸内デトックス味噌汁」

 

【参考】

※ 30代〜40代の親に聞いた、入園・入学実態調査  - アスカネット

 

【画像】

※ www.BillionPhotos.com / Shutterstock