「24時間戦えますか」というキャッチフレーズが一世を風靡した時代もあったほど、モーレツ社員(死語)ぞろいのニッポン。

女性だってシャカリキに働く現代社会とくれば、最後に定時退社をした日を覚えていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、アフター5こそ出会いの宝庫。街に繰り出せばストレスを忘れさせてくれるイイ男があなたを待っているものです。

そこで今回は、『Menjoy!』が500人に聞いたアンケート「仕事が終わってなくても定時で帰っちゃいそうな芸能人」ベスト5より、波風立てずに定時退社するためのポイントをご紹介します。

 

■5位:ヒロシ(8.6%)

「ヒロシです……」でお馴染みのヒロシが5位にランクイン。

存在感が薄いので定時で帰っても気づかれることがなさそう。ヒロシから学べることは、職場での存在感を消し、なるべく覇気をなくすこと。誰も気づかないようにドロンして、あなただけのアフター5を満喫するのです。

 

■4位:大野智(8.8%)

今や『怪物くん』やアレグラのCMのイメージが強すぎて普段の顔が思い出せない嵐のリーダー、大野くん。

ですが、大野くんのようなヒーローもののイメージを作ってしまえば、仕事が残っていようととやかく言われる心配はありません。「市民のために退社するんだな」と思わせるくらい、ヒーローキャラを確立し、颯爽と職場を離れましょう。

 

■3位:森本レオ(9.4%)

3位の森本レオから学べることは、その喋り方。

穏やかでほのぼのとした声で「お先に失礼します」と言われたら仕事が残っていてもなぜか許してしまいますよね。

 

■2位:アンガールズ・山根(10.2%)

ひょろ〜り、ぬる〜りと退社しそうな、アンガールズの山根。ポイントは、「あいつだったらいっか……」と許されるキャラになれるかどうか。山根には「あいつに説教するのもバカらしい」と思わせる何かがありますよね。

 

■1位:オードリー・若林(12.4%)

ふわーっとした柔らかい空気が魅力の若林がトップに。人見知り芸人でもありますが、しっかり仕事もこなすため周囲の評価も高そうです。

職場でも同僚や上司の信頼を勝ち取り、「あいつに任せておけば大丈夫」と思わせることができればとやかく言う人はいなくなるでしょう。

 

以上、いかがでしたでしょうか。

仕事が残っていようと、定時で帰っても許されるキャラが定着すれば、徐々に文句は言われなくなるもの。

彼らのような独自のブランド力を身につけ、充実したアフター5を過ごしましょうね。

 

【関連記事】

※ 3位徹子2位叶恭子…「すっぴんが想像つかない芸能人」1位は?

※ ローラ・ベッキーより筒抜け!「社内恋愛したらバレそうな芸能人」1位

※ 似てるー…と言われれば「ウザ子認定」確実!危険な3人の芸能人

※ 2位が有村架純…!「美人すぎる」憧れフェイスの芸能人トップ3

※ 2位は…いらない!? 男の「コドモ欲」赤裸々な本音トップ3

 

【姉妹サイト】

※ 必ず次の約束ができる!2回目のデートを取り付ける魔法のセリフ3つ

※ なんて素敵!米国で実際にあった「胸キュンレディーファースト」2つ

 

【画像】
Dragon Images / Shutterstock