3周年記念企画開催!「AKOMEYA TOKYO」に限定グッズ&限定メニューなど期間限定で登場

写真拡大

日本各地のいいものをセレクトするライフスタイルショップ「AKOMEYA TOKYO(アコメヤ トウキョウ)」は、季節感を大事にした暮らしを送る女子の御用達では? 2016年3月25日(金)に「NEWoMan(ニュウマン)」に期間限定のポップアップ店もオープンをしたばかりのこちらは、4月24日(日)に、オープン3周年を迎えるとか。

これを記念して、2016年5月8日(日)までの期間、新宿店と銀座店では計11種類の限定商品を展開するほか、限定メニューやイベントも用意。写真は、新宿店限定で販売する「TEMBEAライストート(ミニ)」に基本の調味料5種類を詰めた「さしすせそセット」(7020円)。

「AKOMEYAオリジナル合わせ味噌」をはじめ、契約栽培の国産大豆と塩、清流の伏流水のみを原料にした「丸中醤油」や無添加・無農薬の「心の酢」、砂糖専門問屋である鴻商店の「特上白(砂糖)」や、マグネシウム、カルシウムを多く含む「奥能登海水塩」など、上質のアイテムばかりが揃う。
また、「AKOMEYAブレンド」と「にこまる」各2合、ごはんのお供や万能調味料として役立つ「塩糀昆布(小)」、限定色の「リネンロゴバッグ」をセットにした「人気のお米とお供セット」(3240円)もギフトにおすすめ。こちらは新宿店のみで100点限定の販売だから、気になる女子は早めの来店を。

「このほか、オリジナルのリネンハンカチ5色(各1080円)や、環境備品の製造・販売会社『ぶんぶく』で廃盤となっていたロングセラー商品『共柄ちりとり』(950円)などを、新宿店限定でご用意しています」(同)


ほどよい塩気と桜葉の香りが特徴の「ぬれどら焼き(さくら)」(1836円・4月末までの販売)や、醤油の甘みが効いた限定ポン菓子「パン豆(醤油)」(496円)などの食品もラインナップ。いずれもお手頃価格で、手土産にもぴったり。


また、銀座店に併設の「AKOMEYA厨房」では4月8日(金)から、14時から17時30分(16時30分LO)のティータイム限定で、「AKOMEYAスイーツ膳」(1814円、ドリンクセット+324円)を提供する。自家製わらび餅やだるま型の最中アイスをおりまぜ、彩り豊かな季節のデザートを少しずつ楽しめるのが嬉しいところ。

「3周年を記念して、オープン当初より定番のAKOMEYAらしいスイーツを中心に、6品の人気の味わいを揃えました。中でも柔らかくとろける口当たりがくせになる自家製わらび餅や、店内で手作りしている濃厚なアイスクリームが人気です」(同)


さらに、銀座店では23日(土)と24日(日)に、ロゴの福良雀をデザインした金太郎飴の数量限定プレゼントや餅つき大会を行う「銀座3周年感謝Day」を開催するほか、5月7日(土)までの毎週末に、ワークショップや期間限定の展示販売を予定しているというから、楽しみ。

例えば、4月30日(土)から5月15日(日)の期間には、ハンドメイドで一点一点丁寧に作られる「SHOJIFUJITA(ショージフジタ)」初の新作ショルダーバッグと、ホウキモロコシを使った伝統の生活道具「中津箒」を販売する「二人展」を開催。手仕事による”上質”を求める女子はぜひ覗いてみて。

このほか、各県のおすすめ商品を販売する「食の蚤の市」や、鳥取県の酒蔵「大谷酒蔵」の「春の新酒飲み比べ」など、日本の食文化を満喫できるイベントも。春のお出かけプランに検討して。