不妊治療を行う多くの人々にとって必要なサポートとは?

写真拡大

執筆:井上 愛子(保健師)


「不妊治療」と聞くと、皆さんはどのようなイメージを持つでしょうか。「身体的、精神的にツラそう」、あるいは「治療費が高額」などといった問題が思い浮かぶかもしれません。ここでは、2つのアンケートを元に、不妊治療を経験した人の悩みの実態に迫ります。

治療してみて気がつく大変さ


まずは、山梨県が行ったアンケート調査(*1)。受診前と受診後(治療中)に、それぞれどのような不安・悩みがあるのか見ていきましょう。

【受診前の悩み】

・どこの医療機関へ行ったらいいかわからない(57.3%)

・治療や検査への不安(53.1%)

・診察への抵抗感(46.3%)

・原因を知ることへの不安(45.3%)

・検査や治療にかかる費用(43.3%)

【受診後(治療中)の悩み】

・先が見えない、いつ妊娠できるのか不安(91.3%)

・周囲からの期待などのプレッシャー、無神経な言葉(56.6%)

・費用がかさむ(51.5%)

・仕事との両立(治療や検査のために休みが取りにくいなど)(39.4%)

上の結果を見ると、「仕事と治療の両立」についての不安は、受診前にはあまり見られず、治療を始めた後に気づく人が多いことがわかります。

仕事と治療の両立の難しさはどこにある?


次は、仕事と治療の両立の大変さについて、もう少し詳しく見ていきましょう。NPO法人Fine(ファイン)が、不妊治療に関心のある2265人(うち95%が不妊治療経験者)を対象に行ったアンケート調査(*2)の結果を見てみます。

不妊治療経験者の90%以上が「仕事と治療の両立が難しいと感じた」と回答しているほか、4割以上の人が「退職や転職などの勤務状況の変更に至っている」と答えたそうです。また、勤務状況が変わった理由については、「通院回数が多い」「診察・通院に時間がかかる」という回答が6割を超えています。

また、職場に不妊治療をサポートする制度などがありますか?」という質問に対して、「はい」と答えた人はわずか5.9%で、約80%の人が「いいえ」と答えています。これらの結果から、仕事と治療の両立を難しくしている背景には、不妊治療の「通院回数の多さ」をカバーできない職場のサポート不足があるようです。

多様な働き方を認める


続いて、「職場からどのようなサポートが欲しいですか?」という質問に対して、最も多かったのは、「休暇・休業制度(75.5%)」と「就業時間制度(74.2%)」という回答でした。特に、不妊治療を行う人が増える30代は、責任のあるポジションに移行していく世代でもあるため、これらのサポートへのニーズが高くなるようです。

このような結果を踏まえると、求められているのは、「有給休暇を取りやすい」「時短・フレックス制度」「長時間労働の是正」など、すでにある制度を状況に応じて運用できる態勢と言えるでしょう。

「制度があっても、利用できる雰囲気ではない」のでは意味がありません。つまり、本当に求められているのは、制度を活用するための風土づくりや、多様な働き方を受け入れる職場環境と言えるでしょう。

<執筆>
●井上 愛子(保健師)

<参考>
*1)山梨県「不妊に関する調査結果」(PDFファイルへの直リンク)
https://www.pref.yamanashi.jp/kenko-zsn/documents/41116170602.pdf

*2)NPO法人Fine「仕事と治療の両立に関するアンケート」(PDFファイルへの直リンク)
http://j-fine.jp/prs/prs/fineprs_ryoritsu1508.pdf