温泉で泳ぐのはもちろん初めて【逗子猫日記】

写真拡大 (全5枚)

4月某日 晴れ
今週は長野、伊豆と撮影が続き、満開だった桜も散り始めた。
伊豆・下田に行ってきた。平日の下田は人もほとんどおらず、桜も海も景色が素晴らしく綺麗な時期で、写真を撮るには最高の季節。

少し時間があったので下田の商店街を散策すると、一軒の酒屋さんを見つけた。当時の看板がたくさん残っている明治から続く老舗の酒屋で珍しい看板ほかアンティークのレジ、食器など展示したギャラリーもあって女主人と当時の下田の話などしていたら思いのほか長居してしまっていた。
酒屋さんに教えてもらったペリーロードなる小径に行ってみると、柳が垂れ下がる風情のある川の側道で、以前は船乗りたちの遊郭街であったそうだ。どこか艶っぽい感じがするのはそのせいか、当時の雰囲気が残る小径だった。
この日の宿泊先は下田の蓮台寺温泉にある清流荘。昭和12年創業の老舗旅館だが、高級旅館なのにどこか親しみやすさを残している旅館だった。敷地はなんと6000坪。建物を囲んで真ん中には温泉のプール! 大浴場で誰でも一度は泳ぎたくなるはず。温泉で泳ぐのはもちろん初めてで、これがまた相当気持ちがよかった。料理もまた素晴らしい。
造りの新鮮さ、出汁や魚の焼き加減などどれも見事。特に刺身の醤油が美味しいので聞いたところ、料理長が自ら調合しているそうだ。見栄えや豪華な食材云々というより、こういう仕事に僕は惹かれる。〆の桜えびの炊き込みご飯は3杯もおかわりしてしまった。

下田で一泊して逗子に戻るとそこには何ら変わらぬ日常があり、今朝は天気が良かったから、きいがゴロゴロと縁側でひっくり返っている。外に出向いていると、目の前の変わらない日常が嬉しかったりする。きいの背中を触ると火傷するんじゃないかと思うくらい熱々になっていた。
#17 今日の逗子猫 きい

これまでの「逗子猫日記」>>
有高さんちの猫たちのプロフィール>>