新年度が始まって忙しく動きまわる同僚たちを横目に、「まぁいいや」なんていってひとり怠けグセをやめられないでいる人、いませんか? そんな、すぐサボろうとする“怠け女子”は、男性や同性から見てもだらしない人だと思われてしまいますよ。
そうならないためにもこの4月、きっかけに「怠け女子」から「きちんと女子」への変貌を遂げましょう!

怠け女子は「時間を守れない」

怠けがちな女性に多いのが、時間を守れず遅刻グセがあること。約束の時間から逆算して、家を出る時間を考えたり準備にどれくらいかかるかを把握していない人もいれば、そもそも待ち合わせに遅刻することをそこまで悪いと思っていない人もいます。
時間にルーズな人は、いろいろなことにルーズなんだろうなと思われてしまいますし、時間ぴったりにきている人を待たせていることをもっと自覚するべきです。

きちんと女子になるには「時計を早める」

遅刻グゼを直すには、家の時計を5〜10分ほどはやめておきましょう。いつもと同じように準備をすれば、遅刻せずに間に合うはずです。
怠け女子は、なぜだか時間に余裕はないのに心の余裕はムダに持っているので、いつもよりはやめに準備をはじめれば、ゆったり準備をしていてもじゅうぶん間に合いますよね。
そうやって、自分になにが足りないかをしっかり考えることが大切です。

怠け女子は「効率よく仕事ができない」

「まぁいいや」が口グセの怠け女子は、「これは明日に持ち越していいかなー」と、その日その日を楽にすごそうとします。その結果仕事がどんどんたまっていき、泣きながら仕事をするハメになるのです。

きちんと女子になるには「やりたいことを後まわしにする」

怠ける人は、嫌なことを後まわしにしてやりたいことや好きなことだけに目を向ける傾向があります。ですがそれでも嫌なことはなくなったわけではありませんし、結局あとでやらないきゃいけないですよね。それなら「嫌なことをすまさないと好きなことはやってはいけない」というルールを自分に課しましょう!
そうすれば怠けたくても怠けられないですし、まわりの人に協力してもらえば怠けようとしたときに止めてくれるはず。きちんと女子になるには、“自分に厳しく”が大事なのです!

まとめ

皆さんは、怠け女子派ですか? きちんと女子派ですか?
怠け女子くらいの楽観的な考え方もときには重要ですし、ときと場合によって柔軟に対応できるのが一番いいですよね。
ですが、今のままだとあなたが気になっている男性を、きちんと女子にかっさらわれてしまうかも! 怠けすぎている女性はそのうち痛い目を見る可能性がありますので、今のうちにきちんと女子の要素を少しでもとりいれておいたほうがよさそうです。