歳の差!ママ友付き合いに年齢は関係ある?

写真拡大

女性の社会進出の高まりや晩婚化などにより、30歳を過ぎてから出産する女性も増えています。また40代での出産も珍しいことではありません。とくに子どもが園や学校へ通いだすと、ママ友の付き合いも始まりますが、親子ほど年が離れたママと、ママ友になることもあります。ママ友付き合いにおいて、歳の差は関係あるのでしょうか?

●ママ友とのジェネレーションギャップを笑い話に変える?

歳の差があると、学生時代に流行った歌や言葉が違う時がありますよね。しかし、話が合わないと感じるママは、そんなに多くはないようです。むしろ「自分が知らない話を聞けて新鮮!楽しい!」と好意的に捉えるママもいるほど。一緒にカラオケに行くと、「今の誰の曲?」と会話が広がることもあるのだとか。むしろ歳の差を武器にして、当時流行った「音楽」「ファッション」などの話題で、笑いを誘うママは人気のようです。

●無理してママ友に合わせない!

年代が違えば、合わないことが出てきても当然。無理して他のママ友に合わせようとすると、逆効果になってしまうこともあるようです。「周りに合わせて若々しい服装をする」「流行の若者言葉を話そうとする」など、年齢に見合わない行動は、かえって引かれてしまう可能性が…。また、反対に「世代が違うから…」となんでも価値観が合わないと思いこむのもNG! 年齢に関係なく、共感できることもたくさんあるはずです。年の差を言い訳にするママは、印象が悪くなってしまいがちなのだとか。

●年上ママ友は信頼しやすい!

ネット上では、年上のママ友は、「自分にはない経験や知識を持っていることが多く、頼りになる」という意見が多く見られます。「頼れるお姉さん」「引っ張ってくれるリーダー」と、ポジティブに捉えるママたちは多いようです。反対に、「年下の自分にも弱さを見せてくれる」「時には頼ってくれる」と、甘え上手なギャップのある年上ママも、好印象という意見もありました。

こうして調べてみると、ママ友との歳の差を気にするママはあまり多くない印象。いくつ年齢が離れていても、ママ歴は同じです。気にし過ぎず、もっと気楽に接するのがコツかもしれませんね。

(文・明日陽樹/考務店)