▽10日に県立カシマサッカースタジアムで明治安田生命J1リーグ・1stステージ第6節の鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島が行われ、4-1で鹿島が勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽鹿島採点

(C)CWS Brains,LTD.


GK

21 曽ヶ端準 5.5

1失点も安定したパフォーマンスを見せた

DF

22 西大伍 5.5

試合を通して守備に追われる場面が多かった

23 植田直通 6.0

空中戦で強さを見せる。最後まで崩れることはなかった

3 昌子源 5.0

ハリルホジッチ監督の目の前でピーター・ウタカとのデュエルに敗れる

16 山本脩斗 5.5

前半はミキッチの攻め上がりへの対応で精一杯も、後半は機を見て攻撃参加

MF

25 遠藤康 6.0

得意のドリブルだけでなく視野の広さから好パスを配給

(→ 永木亮太 -)

10 柴崎岳 6.5

球際で激しさを見せる。積極的な攻撃参加を見せて勝ち越しゴールを奪う

40 小笠原満男 5.5

高い位置を取りながらパスコースを限定する動きで守備を助ける

13 中村充孝 6.0

スペースに顔を出してボールを引き出すも前半のみのプレーに終わる

(→ カイオ 7.0)

途中出場から2ゴール1アシストと文句なしの結果を残す

FW

33 金崎夢生 5.5

前線の守備に加え体を張って攻撃の起点となるもやや消化不良の状態で途中交代

(→赤崎秀平 -)

8 土居聖真 6.0

リーグ戦初先発での起用にゴールで応える

監督

石井正忠 6.5

カイオの投入がぴったりハマる。後半は危なげない試合運びでリーグ戦のホームゲームで3連勝

▽広島採点

(C)CWS Brains,LTD.


GK

1 林卓人 5.0

3失点。せめてカイオのシュートははじき出したかった

DF

33 塩谷司 5.5

ピーター・ウタカへのスルーパスでアシストを記録。後半はカイオの仕掛けに後手を踏む

5 千葉和彦 6.0

開始早々のチャンスは決めたかった。守備ではハードマークで金崎に仕事をさせず

4 水本裕貴 5.5

失点場面では土居のターンに付いていけず。それ以外は集中した対応を見せた

MF

14 ミキッチ 5.5

前半は右サイドを制圧。カイオの登場で舞台を下された

(→ 清水航平 -)

6 青山敏弘 5.5

中盤で汗かき役を担うも普段のような好パスは少なかった

37 宮原和也 5.0

豊富な運動量と球際の激しさを見せた。繋ぎが課題か

(→ 宮吉拓実 -)

18 柏好文 5.0

立ち上がりこそ積極的な仕掛けを見せるも徐々に消えた。2失点目ではボールウォッチャーに

30 柴粼晃誠 5.0

試合に乗りきれずパスミスも散見された

25 茶島雄介 5.5

前線を動きまわりボールを引き出そうとするも効果的ではなかった。交代直前の決定機は決めたかった

(→ 佐藤寿人 5.5)

裏を狙ったプレーでボールを引き出すも決定的なシュートシーンは訪れず

FW

9 ピーター・ウタカ 6.0

前線やシャドーで攻撃をけん引。ゴールシーンは巧みなかわしで昌子を置き去りにした

監督

森保一 5.0

ケガ人が多く、駒が少ない状況は考慮しなければいけないが、劣勢の中でなす術なく敗戦

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!

カイオ(鹿島)

▽後半開始からピッチに立つと水を得た魚のように躍動。15分間で試合の大勢を決めてしまい、アディショナルタイムにはダメ押し弾を奪った。

鹿島 4-1 広島

【鹿島】

土居聖真(前8)

柴崎岳(前12)

カイオ(後16)

カイオ(後48)

【広島】

ピーター・ウタカ(前38)