葬儀中に子どもが泣き出した!――どうするのが正しいのか専門家に聞いてみた

写真拡大

「観自在菩薩……」読経が始まると、後ろの方で赤ん坊が泣き出した。前の方では小さな子どもが2〜3人、僧侶の後ろを笑いながら走っていく。どうやらおもちゃを持っているらしく、ガチャガチャうるさい。静かに故人の思い出に浸り、お見送りしたいのに……。
――こんな経験はないだろうか? 「教えて!goo」にも、「葬式やお通夜に小さい子どもは連れて行かないほうがいいの?」といった相談が寄せられている。

相談者は、家族で付き合っていた友人の親の通夜に子どもを連れていこうとしたが、「小さい子はあまり連れて行かない方がいいよ」と言われ、気にしているようだ。

■連れて行かない方が良い!?

この相談に対し、多くの回答が「連れて行かない方が良い」または「連れていくなら覚悟が必要」という旨のアドバイスを行っている。

「一定時間静かにしていられないような小さい年齢の子であれば、連れて行かないほうが良いと思います」(orange-nさん)

「親族・親戚関係の子どもは乳児から高校生までもちろん参加しています。しかし、焼香だけすまされて帰られる弔問客で、子ども連れの方は見たことがありません」(hirunedaisukiさん)

「先方に迷惑かけずに子連れで通夜に参列することができると確信できれば、ご自身で責任もって連れていきましょう」(hironaさん)

子どもを連れていくことをあまり勧めない理由としては、「遺族や他の参列者に迷惑がかかる」ということが挙げられている。特に、精神的に参っている遺族に気を遣わせるべきではないとする意見も回答には見られた。やはり、遺族のことを優先するなら小さな子どもは連れて行かない方が良いのだろうか?

■退席しやすいように配慮

このことについて、専門家の意見を聞いてみよう。連れていくべきかどうかだけではなく、連れて行った時の留意点についても併せて、心に残る家族葬の葬儀アドバイザーに話を伺った。

「小さな子どもを葬儀に連れていくことがあまり推奨されない理由としては、小さな子どもには葬儀の意味が十分に理解できないことが挙げられます。赤ちゃんはぐずったり泣き出す可能性がありますし、幼児は逆に騒いでしまうことがあります」

葬儀の意味がわからないから、結果的に周りに迷惑をかけてしまうということが推奨できない理由のようだ。やはり参列してはいけないのだろうか?

「しかし、祖父母などの身近な親戚や、子どもの友達の葬儀には参列した方がよいでしょう」

すべて参列がダメなわけではなく、子どもに近い親族や、子ども自身の友達の葬儀には出席した方が良いようだ。だが、もし出席して会場で泣き出したら、どうしたら良いのだろうか?

「出入り口付近の席に座らせてもらい、どうしても子どもが落ち着かないときには、すぐに退席や休憩などができるようにしておくことも大切です。退席は失礼だと感じる人も多いのですが、葬儀の場で騒がしくしているよりも、退席する方が周囲への気遣いとなることもあります」

葬儀の場は、参列したい、参列させたいという自分の気持ちよりも、遺族や周りへの気遣いが大切なことが良く分かった。そうした気遣いは、きっと故人の心にも届くに違いない。

●専門家プロフィール:心に残る家族葬 葬儀アドバイザー
「葬儀の参列者を遺族や近親者など、本当に故人を亡くした悲しみを共有できる方だけに限定」し、「世間体を重視している感のある告別式を簡素化」する家族葬の提案を行う。

(長澤正嘉)

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)