台湾鉄路管理局提供

写真拡大

(台北 10日 中央社)台湾鉄路管理局は9日、阿里山森林鉄道で5月と6月に沿線の魅力を満喫できるクルーズ列車を特別運行すると発表した。乗車券は乗車日の15日前から販売する。価格は昼食付きで一律1000台湾元(約3300円)。

列車は毎週水曜日に運行。嘉義−奮起湖の沿線風景を楽しんだ後、大自然や台湾原住民(先住民)ツォウ族の営みが感じられる迷糊歩道や古い町並みを散策できる。

(汪淑芬/編集:齊藤啓介)