春にもう一着、服を買うための“ちょい勝ち”株選び
「そろそろ春服が欲しくなる季節ですよね。あれもこれもって目移りしちゃうけど、お財布は限界があるし…って、そんなとき、賢く稼ぐ方法があるんです」

 そう教えてくれたのは、残念ながら先日、ブログで芸能界卒業を発表した松川佑依子さん。「テラスハウス」出演やグラビアで活躍した彼女ですが、じつは意外な「本業」が――。

「私、大学を卒業してからずっと芸能活動とOLを並行してきたんです。とある投資会社で、株を運用する仕事です。運用成績ですか? いちおう入社してから3年間、プラスを維持しています」

「この会社、伸びそう!」と感じる会社を探して投資するのが松川さんの仕事。でも、松川さんのようなプロはともかくとして、とくに経済の勉強をしていない女子でも株で儲けられるのでしょうか?

「女子だからチャンスがあるんです。株式市場って基本的に男性社会。女子目線が不足しているから、私みたいな普通の女子が普通に『この商品売れる!』『あのお店流行る!』と考えて素直に投資するだけで、有望な銘柄を先に発見できるんです。それに、たくさん儲けようと思わなくてもいい。お小遣いを増やすって感覚でいいんです」

◆おなじみのコスメを作っている意外な会社

 では、どんな会社に着目すればいいのでしょう? たとえば「アスタリフト」。女子にはおなじみのコスメブランドです。

「アスタリフトを作っているのって、富士フイルムホールディングスなんです。アスタリフトは新製品も好調ですが、男性はアスタリフトが流行っていることを知らないし、株をやっていない女子はアスタリフトが富士フイルムの商品だって知らない。『アスタリフトが流行ってるから、富士フイルムホールディングスの株価も上がりそう』って気づけるのは、株をやっている女子だけなんです」

 日常的に使っているコスメの知識が使えるとなると、株式投資の世界が身近になったように感じます。

◆「上がる株」は街で発見する

「女子目線って、街でも活かせるんです。街を歩いていると、『このブランド、よく人が入ってるな』と思うことがありますよね。そんなときは『運営してるのはどの会社だろう?』と調べてみて株を買うきっかけになることがあります。最近だったら『メイクしてる男の子、多いなー』と思って買った株があるんです」

 ビジュアル系とまではいかなくても、ほんのりメイクしてる男子を目にすること、増えていますよね。

「だったら、男性用化粧品の会社って伸びるかもって連想できる。男性用化粧品の大手ってマンダムなんです。普段何気なく見ている光景の中にも投資のヒントが隠れています。せっかくのヒント、活かさないともったいないですよね」

◆バーゲンセール中の超有名企業!

 しかも松川さんによると株式市場には追い風が吹いているようです。

「今って、マイナス金利ですよね。多分、これからますます預金金利が下がりますから、銀行に預けっぱなしだとチャンスを逃しちゃうばかり。それに気がついた人は株に資産を移すし、そうすると株式市場も上がりやすくなる。株式投資で長期的なリターンを期待できる時代なんです」

 松川さんが今、注目しているのはどんな会社なのでしょうか。

「1月末にマイナス金利が発表されて、大きく株価を下げた会社です。三菱UFJフィナンシャル・グループや三井住友フィナンシャルグループ、それにみずほホールディングス。どれもよく耳にする名前ですよね。こうした金融機関って、マイナス金利の悪影響が心配されて株が売られました。でも、ちょっと売られすぎかも。季節外れのバーゲンセール中! みたいな感じなので、マイナス金利がこれ以上拡大しないようなら、買ってみるのも面白いと思います」

 株式投資の最初の一歩には、こんな有名企業だと安心感がありますよね。松川さんの最後の著書『OLが教えるお金を増やすたった一つの方法』には、彼女なりの言葉で、株について優しく指南してくれています。

「ちょっとでも儲けになると、春服を一着買おうってテンションが上がりますよね! そのくらいの意識でいいんです!」

松川さんの新たなスタートでの活躍も期待しています!

<TEXT/高城泰(ミドルマン)>