住友電気工業(以下、住友電工)は三菱商事と共同で、カンボジア・プノンペンの交通管制システムプロジェクトを受注したと発表しました。当該システムの運用開始は2017年4月を予定しているということです。

1

今回のプロジェクトは、プノンペンの交通渋滞の改善と交通安全の向上を図るために、市内の100箇所の交差点に、新たに信号制御機、車両用及び歩行者用灯器、車両感知器を設置し、26基の交通状況モニタリング用カメラを設置することを計画しています。

設置される信号機器は光ケーブルネットワークで結ばれた交通管制センターで制御され、車両感知器からリアルタイムの交通情報を収集して交通状況に合った信号制御を行うことで交通を最適化することができる、ということです。

住友電工は、交通管制システムをタイやミャンマーに導入した実績があり、今回初めて本格的な交通管制システムをカンボジアの首都プノンペンに導入することになります。

(山内 博・画像:住友電工)

住友電工、カンボジア・プノンペンの交通管制システムプロジェクトを受注(http://clicccar.com/2016/04/10/364778/)