こんにちは。PR会社に勤務しているまゆ子、36歳独身です。

婚活始めて6年、連絡を取り合った男性は100人以上。お見合いの回数をこなしていくうちに、だんだん自分のこともよくわかるようになってきました。自分とよく向き合うようになるので、正直就職活動よりも自己分析ができるんですよね〜(笑)。でも就職よりもうまくいかないんですけど……。婚活って本当に難しい!

今回は私の18人目のお相手。よく言えばとても刺激的な人。最初は私も彼のことをスゴイ! と思っていたんですけど、でも接しているうちに「この人の言っていることって本当?」と思ってしまうような男性。一言でいえば、自慢男!! 

男性はEさん、34歳。最初は彼の方から会いたいと連絡をくれました。見た目は、ナイナイのやべっちを少しふっくらさせた感じかな。勤務先は地元のテレビ局。今まであまり華やかなお仕事をしている人は私には合わないかな〜と思ってマスコミ系の人はお断りをしていたのですが、テレビ局の中でも地方なら派手ではなさそうだし、今は何より選り好みしている余裕はないので、ひとまず会ってみることに。履歴書を見る限り、それほどマスコミかぶれしていない感じだったし、体を動かすことが好きというところも◎。趣味がひとり旅というのもなかなか素敵だな〜と思ったのです。

さっそくお見合いOKの返事をすると、1週間後に会うことに。場所は池袋にあるホテルのラウンジ。地方局に勤務ということで、住まいが少し遠くて、都内へは片道1時間半かかるというので、会う時間もお昼後の14時ごろになりました。

待ち合わせ場所に着くと、彼はスーツスタイルで手にはビジネスバッグを持っていました。私を見つけると、手を振って軽くお辞儀をして、「夕方から都内で仕事が入ってしまって……こんな姿で失礼〜」とひと言。その姿を見て、私は「やっぱりテレビ局の人ってちょっとカッコイイ〜」と思ってしまったのです(笑)

スーツ姿ってズルい…男の格をあげるものです(笑)。

店内に入り、席に着くと私はカフェラテを、彼はカフェモカを注文。「あら!意外にも甘党!?」
甘いモノが好きな私には甘党なこともポイントでした。「仕事のときはブラックなんですけどね、今はオフなので気分を変えたくて〜」とのこと。

「カフェモカってそのお店の特徴がわかるんですよ! 甘さとか、濃さとか、クリーミーさとか……私は甘すぎるのはダメ。しっかりカフェの味が強くないとイヤなんです」

なんてこだわりものぞかせ、そんな姿もカッコいいかも〜♪ と思ってしまったのです。

そして飲み物が届いたところで、まずはお互いの自己紹介から。

「私は地方局で報道関係の仕事をしていて、普段はニュース記事の作成をしているんです。いろんな場所に取材に行って、資料を作ったり、あとは特集番組の企画をしたり……。だから休日とか関係ないし忙しくてなかなか恋愛ができなくて。取材でいろんな人に会うけど、1回限りの仕事だし、出会いも全然なく、気がつくといい年齢になっていたので、親の勧めもあってココに登録したんですよ……」

彼がひと通り仕事のことや婚活を始めた理由などを語ったので、私も仕事のこと、そして婚活を始めた理由を話しました。

「私の仕事って、なかなか出会いがなくて。企業のPRの人って女性が本当に多くて……そんな中、周りがどんどん結婚していくから焦ってしまって。私も親から結婚を急かされるようになって登録したんです……」

そして私の自己紹介がすむと彼は「なるほど〜」と一言。そしてすぐに自分の話を始めました。

「昨日は俳優の○○さんに会ったんです。彼は気難しい人だと思っていたんですけどね、実は学生時代の部活がバスケ部で一緒だったので意気投合。気が合って連絡先まで交換したんですよ〜。私の仕事って俳優さんとかアイドルの人にもよく会うからすごく気を使うんですけどね、私は仲良くなるのが得意なので、すぐに友達になっちゃうんですよ(笑) 有名人の携帯番号も結構知ってるから携帯落とせないんですよね〜」

彼のマシンガントークにちょっと引いてしまったのですがとりあえず、
「へ〜スゴイですね! さすがテレビ関係の仕事しているだけあって顔が広いですね」と反応。



すると私の相槌をかぶせるかのように、また続きを話始めます。

「昨日はそのあと、接待で懐石料理の店に行ったんですけどね、そこがまたすごくおいしくて。まゆ子さんは懐石料理とか行きますか? 日本人ならやっぱり懐石っていいですよね〜。料理の味も見た目も芸術品のようで……そこのお店の人とも仲良くなってきたので、今度お連れしますよ〜。サービスもしてもらえると思うし! やっぱりこういうコネは使わないとね〜。PR会社も企業との付き合いがあるからコネはありますよね? でも担当の企業だけだから偏りがあるのかな? テレビの仕事をしているといろんな業界の人と知り合うので、本当にいろんなメリットがあるんですよ〜」

と彼の話は続きます。途中で私がしゃべったのは「スゴ〜イ!」「え〜いいな〜」くらい(笑) 私に質問をするのに、その答えを聞く前に次の話に言ってしまうから、もう途中から質問にも答える気がなくなり……。

彼の話を聞いていると1時間なんてあっという間。正直彼の最近の仕事や気に入っているお店の話を聞くだけで終わってしまいました。

この時点で、アレ? ちょっとこの人、人の話を聞かない人? なんて思ったのですが……彼はとても満足したようで、その場で「次回はおいしいお店を紹介しますね〜」なんて言って帰っていきました。

後日、婚活事務所を通じて正式なデートの申し込みがありました。また彼の話を聞くだけになるかな? と思って若干迷ったのですが、とりあえずすぐに断るほどイヤではなかったし、知らない世界を知っていて話もまあまあ刺激的だったので、もう1回会ってみることに。

でも2回目のデートで、私の予想は的中! まさに彼の講演会でした(笑)。何で私はこんなに男運がないのだろう〜と思ってしまうほど、またしてもスゴイ男に会ってしまったのです。続きはその2

■プロフィール

 まゆ子

PR会社に勤務しているまゆ子、36歳独身。
見た目は目鼻立ちくっきりの美人で北川景子似。(良く言えば)
神奈川県にある私立女子高校を卒業後、都内の有名女子大を卒業。
婚活歴6年。出会った男性は100人以上!
ちなみに趣味は最近始めたヨガ。特技はピアノと人間観察。
ファッションは大人かわいい系。メイクはナチュラル。ヘアスタイルはボブ。身長は155僉

<男性のタイプ>
男性のタイプは、そこそこの大学を出て、そこそこの一般的な企業に勤めていればOK。
年齢は40歳以下の未婚を希望。オシャレに越したことはないけど、普通のセンスならいいかな。
理想を言えば、相手に尊敬する部分があり、自分をリードしてくれる人。身長は170儖幣紊蚤世辰討覆た諭