更年期やシワにアプローチ! 今注目の「エクオール」パワーとは?

写真拡大

年齢を重ねるごとに肌や体の変化を感じている女性は多いと思います。特に、女性は40歳を過ぎると女性ホルモンが激減。それに関連して、肌が乾燥しやすくなり、シワやたるみをまねく、シミが定着しやすくなるなど肌のエイジングサインを加速させることに繋がります。

このほか、爪に縦ジワができる、髪が抜けやすくなる、太りやすくなるといった悩みが出てくる可能性もあり、いつまでも若々しく綺麗でいるためには女性ホルモンと似た働きをする成分を外から補う必要があります。

女性ホルモンと似た働きをする「エクオール」とは?

女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするとして今まで注目を集めてきたのは、大豆イソフラボンでした。しかし、その働きについて研究を進めていく上で判明したことは、大豆イソフラボンを摂取してもその恩恵を受けることができる人とできない人がいるということでした。そして、その恩恵を受けることができるかどうかに「エクオール」という成分が深く関わっていることも判明したのです。

エクオールは、大豆イソフラボンが腸内細菌の力を借りて産み出す成分で、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをすることがわかっています。このエクオールには更年期症状を緩和する効果があるほか、骨粗しょう症を予防する効果、シワの予防・改善に効果があるといわれています。

しかし、このエクオールを産み出すことができる人は日本人だと約5割、欧米人では約3割なのだそう。つまり、2人に1人の日本人が大豆イソフラボンを摂取してもエストロゲンを産み出すことができないということになります。

そのため、エクオールを自ら産み出すことができない人は外からそれを補うことで、更年期症状を緩和させたり、骨粗しょう症やシワを予防・改善させる見込みがあるのです。

エクオールを産出できるかどうかは検査で知ることができる

エクオールを産出できるかどうかの検査は、ソイチェックとも呼ばれ、尿を採取して行われます。そのためクリニックのほか、オンラインなどでキットを購入し自宅に居ながらでも受けることができます。

費用もそう高価なものではなく、4000円台のようです。筆者も実際に検査を受けましたが、結果も1週間程度で確認できるため便利です。受けてみる価値があると思います。

サプリで補うエクオール

エクオール検査の結果、それを産出できないことが判明してもそう落ち込むことはありません。エクオールはサプリなどで直接補うことができるからです。その上で、エクオール産生菌を維持するために食生活を見直す必要があります。

これはエクオールを産出できる人にも共通することですが、まずは大豆製品を積極的に摂取すること。そして、腸内細菌のエサとなる食物繊維を豊富に取り入れることも大切です。このほか、腸内細菌はストレスや睡眠、運動量にも影響を受けるといわれているため、うまくストレスを解消しつつ、睡眠の質を向上させる、毎日適度な運動をするといったことも心がけましょう。

明日の健康と美容のために、エクオールに注目して腸活に取り組まれてはいかがでしょうか。

遠藤幸子エイジング美容研究家として雑誌やラジオ、企業のインフォマーシャルなどに出演。ウェブ、雑誌等にコラムを執筆するほか、コスメブランドの広告なども手掛ける。できるだけナチュラルな方法でできるアンチエイジング法を日々模索。豊富な自己体験を元に情報を発信中。公式サイト『アンチエイジング ジャーナル』