ポケモン映画最新作でゲスト声優に決定した4人。左から中川翔子(ラケル役)、市川染五郎(ボルケニオン役)、松岡茉優(キミア役)、山寺宏一(ジャービス役) (C) Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku  (C) Pokémon (C) 2016 ピカチュウプロジェクト

写真拡大

昨年夏にシリーズ累計観客動員が7200万人を超えた、国民的人気シリーズ「ポケモン映画」。その最新作となる『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」』のゲスト声優として、市川染五郎、松岡茉優、中川翔子、山寺宏一の4人の名前が発表された。

YUKIがこの夏公開のポケモン映画の主題歌を書き下ろし!

市川が演じるのは、本作の主役で、旅をするサトシたちの前に現れる幻のポケモン「ボルケニオン」の声。人間に傷つけられたポケモンとともに暮らし、ポケモンたちを守る強く優しい存在だが、実は人間が大嫌いという影を秘めた重要なポケモン役を演じる。

松岡が演じるのは、サトシたちが訪れる「アゾット王国」の、じっとしていることが嫌いで活発な王女「キミア」の声。市川と松岡はともに、アニメ映画の声優初挑戦となる。

松岡演じるキミアの弟で、「アゾット王国」の王子「ラケル」役には、本作で10年連続声の出演をはたす中川。記念すべき10作目は少年を演じることとなり、本人も気合十分!

その中川以上に長きに渡る19年連続で、山寺も声優出演が決定。サトシたちと敵対する「アゾット王国」の大臣「ジャービス」を演じる。

アニメ声優初挑戦に市川は「今回、ボルケニオン役のオファーを頂いた旨、周囲に話をしましたところ『まさか!』『イメージができない!』と大変驚かれました。アニメの声優は初めてのチャレンジなので、楽しみであり、不安でもあり…。これだけの歴史をお持ちの作品なので、ポケモンファンのみなさまの期待を裏切らないよう、良い意味で化けて、誰の声だかわからないくらいメガシンカできるよう頑張ります」とコメント。

松岡は「ポケモンはアニメもゲームもずっと変わらず大好きで、小さい頃、家族で映画を見に行ったことも大切な思い出になっています。そんなずっと見ていたポケモンの声優をつとめさせていただけること、とても光栄です。また大好きな大先輩、やまちゃんこと山寺宏一さんと共演できることが心から嬉しいです。アニメーションの声優は初めてなので自分にどこまでできるのか緊張していますが、敬愛するやまちゃんと素敵なスタッフの方々にご指導賜りながら、ポケモンならではの感動と興奮を今年もお届けできるよう心して挑みます。夢が叶った!」と話している。

また、中川は「10年という年月をポケモンとともに冒険させていただけるなんて、夢のようです!」、山寺は「『おはスタ』は卒業ですが、『ポケモン映画』はまだ卒業ではなかったです(笑)」と、それぞれ長年に渡る“ゲスト”出演への思いも口にしている。

『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」』は7月16日より全国公開となる。

【関連記事】
ポケモン映画で山本美月が歌のお姉さんに!「精一杯頑張りました」
中川翔子がポケモン映画“5”年連続出演で「5は特別な数字」と大興奮!
『ポケモン』シリーズ累計興収が700億円突破の快挙、中川翔子も「偉大なる数字に感動」
松岡茉優インタビュー