唯一のオーバーパーなし!今大会の松山英樹の安定感は際立っている(撮影:GettyImages)

写真拡大

<マスターズ 3日目◇9日◇オーガスタナショナル・ゴルフクラブ(7,435ヤード・パー72)>
 首位と3打差5位タイで迎えた3日目のオーガスタ。松山英樹はスコアこそ伸ばせなかったものの、その安定感は際立っていた。ここまで3日間オーバーパーなしは全選手中、松山のみ。初日飛び出したジョーダン・スピース(米国)も、この日2位でスタートしたローリー・マキロイ(北アイルランド)も我慢し続けることはできなかった。そこには2011年の初出場から5回目の経験も生きていた。

 攻め方に経験が顕著に見えたのが4つのパー5だ。この日は初日、2日目を上回る強風が朝から吹き付けた。硬く乾いていくコースは難易度をどんどん上げていく。そこで、2番パー5では硬くなった地面を計算して、237ヤードのセカンドはなんと7番アイアンをチョイス。高い球で手前からグリーンをとらえてバーディにつなげた。
 8番パー5は打ち上げのセカンドで299ヤードが残ったが、ここも硬い地面でのランを計算にいれて果敢に3Wで2オンに成功。13番はバーディこそ奪えなかったものの、ティショットでドライバーを使わずピンポジションから逆算してのマネジメントだった。
 前日2日目は池の手前に刻んだ15番パー5。この日は248ヤードを3Wで狙った。アゲインストでピンは手前から8ヤードに切られていた。ウェッジで狙うとスピンがかかり過ぎる危険性もあるため、奥からのパットはOKと保険をかけてウッドを握った。スキのない攻めはベテランの風格すら感じさせるラウンドだった。
 松山自身も「15番までは良かった」と振り返る。2つスコアを落とした上がり3ホールを「ひどかった」といましめるのも忘れなかったが、松山は確かにオーガスタをコントロールしていた。もちろんオーガスタを知り尽くすのはトップを行くスピースも同じ。同組で回る58歳のベルンハルト・ランガー(ドイツ)はいわずもがなだ。
 だが、この日のパーオン率2位、フェアウェイキープ率12位と調子を上げてきた松山の安定感は上位で争う面々には脅威に映るはずだ。「優勝争いになると難しくなるけど少しでも落ち着いてやることが大事だと思う」。帝王ジャック・ニクラスも、ゲーリー・プレーヤーも初のマスターズ制覇は5度目の出場で成し遂げた。日本人男子初のメジャー制覇は確かに手の届くところにある。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【コラム】マスターズ開幕! 注目選手ギア事情
ユーザーが選ぶ“ぶっ飛び”ドライバーがこれだ!